Main
良い演奏家の条件①「響きを聴く~強弱表現」

昨日の公開レッスンに特に関係があるわけではないのですが、最近いろんな人の演奏、特に日本人の演奏(大学生も含めて)をこれまでずっと聴いてきて考えたことの一つを書いてみたいと思います。
日本人の演奏は昔から「薄っぺらい」「誰もが同じような演奏」などと言われてきましたが、その理由が最近になってわかってきた気がします(ちょっと遅すぎますが…)。

欧米人に比べれば、日本人(アジア人の中でも特に)は、自分の思っていることや感じたことを表現することを一般的に憚る傾向は強いと思います。それ自体が演奏家のような表現者にはたしかに不利であるとは言えると思うのですが、それ以外にもあるように思います。

ホールなどで演奏を聴いて、多くの人が「上手いなあ~」と思う演奏家は、自分の楽器を自由に操っていて、そして技術においても表現においても高い能力を持っている人たちだと思います。聴衆からよく「音がきれい・音が美しい」などという感想を聞くことがありますが、それは鍵盤のタッチの問題だけでなく、演奏者が音の響きをどのように聴いているかが決定的なポイントだと思います。これはピアノであれば、ペダルの使い方とその技術にも関係があるし、広い会場の響きをちゃんと聴いているか、あるいは、自分の出した音が会場にどのように響いているかを想像できる(自分の耳には必ずしもお客さんとは同じようには聞こえない)かどうかが鍵を握っています。

日本人の演奏は、強弱表現が弱いということをとても感じますが、それはおそらく、練習場所が狭い部屋である場合が多いし、あるいは学校などのレッスン室でもそんなに響きの良い空間ばかりではないからでしょう。普段から、豊かな響きに囲まれた音を耳で聞いていないと、表現意欲が薄れてしまうのだと思います。例えば、がんばって「クレッシェンド」をかけても全然クレッシェンドに聞こえないというような環境で普段はピアノを弾いているのです。
本当に素晴らしいホールで音を鳴らすと、たった1音でも全然違います。そこに良い響きが加わります。そしてさらに1音鳴らすと、そこに歌が生まれます。聴いている人はただちに引き込まれます。良いホールでは、響きがすぐに立ち上がってきたり、逆に、非常に美しく消えて行ったりします。ほんの少しクレッシェンドをかければただちに響きに厚みが増し、ディミヌエンドをかければハッとするような表現に感じられ息を呑みます。上手な人が演奏すると、音に絶妙な陰影が生まれて、聴いている人は音楽に強く引き込まれていきます。

ホロヴィッツは一時期、あまり知られていないかもしれませんが、弟子をとってレッスンをしていたことがあります。彼が若いピアニストに対してどんなレッスンをしたか、明らかに他の先生と違ったことは、「広いホールで実際にどう響くか」という観点からのみ生徒の演奏を聴き、それに対してアドヴァイスをしていたということです。コンサートピアニストとして、比類のない経験に裏付けられた耳を持つホロヴィッツは、コンサートピアニストにとって理想的な音の聴き方や奏法というものを教授したことでしょう。たしかにホロヴィッツの演奏は録音を聴いてもその凄さはわかりますが、実際の生演奏を聴いた人に聞くと、その音色の多彩さや音の繊細さ、またその迫力には、とても録音とは比べることができないほどだったと言います。

一口に強弱法と言いますが、それは音楽表現にとってすごく重要な鍵を握っていると思います。素晴らしいピアニッシモを聴けば、それはこの世のものとも思えないような世界が展開することもあります。逆に、オーケストラで演奏されるような巨大なクライマックスをピアノで表現しなければいけないこともあります。そのように、音の響き一つで聴衆を素晴らしい世界に引っ張って行くことが可能です。

日本という風土では、西洋音楽の楽器はあまり適していないのかもしれません。ヴァイオリンやピアノの音が夢のような素晴らしい響きに聞こえた、という瞬間は持つことは稀です。ヨーロッパにいると、それはとても頻繁に感じることなのですが…。でも、少しでもそういう耳を養おうという意識を持って自分の音を出すようにしていくと、きっと音に対する向かい方が変わっていくように思います。

ピアノ練習のヒント : 17:58 : comments (x) : trackback (x)
清水南高校で公開レッスン

台風が逸れて行ったので、今日は無事に新幹線に乗って静岡県の清水南高校へ公開レッスンに行ってくることができました。たとえ台風がこちらに向かっていても突っ込んでいくつもりではおりましたが、少し外れてくれて助かりました。ただ、静岡駅から向かうと海沿いの道路を通っていくので、「もし波が高かったら、確かにこの道路は通れないかもな…」と思いながら送ってもらった車に乗っていました。



今日はショパンのエチュード2曲とバッハをレッスンしました。

途中に休憩を1回挟んで約2時間半のレッスンのあと、会場のピアノ科の生徒さんから質問を受けました。4人が質問をしてくれました。
順番に、「先生は学生の時、一日何時間くらい練習していたのですか?」「辻井君はどうやって教えたのですか?」「音楽以外ではどんなことを勉強/経験するのが役に立ちましたか?」「手を壊さないで練習するためにはどうしたら良いですか?」という質問。
楽しく答えさせていただきました。

ハノンのパフォーマンスがあれほどウケるとは思いませんでした。でも言及して良かったと思いました。ハノンの効用は本当にスゴイのです。誰も信じてくれないからこそ、この話はリアリティがあって面白いし、もっと伝えていきたいと思いました。


演奏をしてくれた高3の本田さん

一人で何曲も弾いてくれましたが、テクニックと集中力に高いものを見せてくれました。
今日の公開レッスンでお世話になった高校の先生方、どうもありがとうございました。

雑記 : 23:40 : comments (x) : trackback (x)
リベッタ公演中止

昨日連絡が入ったのですが、先日のブログで紹介したピアニスト、リベッタのリサイタルが本人の急病・手術のためにキャンセルとなったそうです。この一連のコンサート中の29日と31日の公演が中止になったそうで、11月2日・6日の公演は予定どおり行われるとのことです。行く予定だった人にはご迷惑をおかけします。ここでお知らせしておきます。

リベッタとは関係ありませんが、なんだか台風27号がノロノロとまた日本列島に近づいているようで、ちょうど土曜日に私は東海道新幹線に乗って静岡県の音楽高校に公開レッスンに行かなければいけないことになっているのですが、現在の状況ではどんなことになるか分かりませんね…。

私は台風が来る日は必ず外に出ていて、移動はだいたい台風に向かって突き進んでいくか、あるいは台風から逃げるようにして滑り込みセーフでギリギリ帰れたとか、そんなことが多いので今回も心配ではあります。最近は災害もよく起きているので、あまり軽視しないで行動をとったほうが良いかもしれませんね。

雑記 : 08:29 : comments (x) : trackback (x)
「スタンダードなピアノ曲」の変遷

コンクールを受ける際に、「自由曲は何の曲を選ぶべきか?」と迷う人は多いのではないでしょうか。「何を弾いても良い」と言われたら、やはり同じ土俵で点数をつけられるのなら古典派以前の曲を選ぶのは躊躇してしまいます。まあせめてロマン派か近・現代の作品から選ぶでしょう。ただ、あまりにも現代の作品で誰も知らないような曲は避けたほうが良いでしょう。

そんなふうに、自由曲とは言っても、暗黙の線引きがいろいろあるように思います。また、音大の試験等でも同じことが言えると思います。レパートリーとしては、近年いろいろなものが増えていく傾向にあって、少しずつですがクラシックピアノの世界も変化はし続けています。

コンクールでは、「パラフレーズの類はダメ」というような不文律もありましたが、現在ではどうなのでしょうか。少しずつ「それもアリかな」というような感じになっている気もします。どちらかと言えばマイナーな作曲家にパラフレーズのような作品が多いと思われていたのかもしれませんが、スタンダードな作曲家とみなされているリストやラフマニノフにもそのような曲はたくさんあります。音大の試験でも最近はそういうのも大丈夫という感じになってきました。

リストは、例えば『超絶技巧練習曲』の前身にあたる作品として、若い頃に「すべての長短調における48の練習曲」(未完)と「24の大練習曲」(未完)を作曲していて、一応第3稿目の『超絶技巧~』が決定稿とされてはいますが、現在では古いヴァージョンも演奏されることがあります。「パガニーニ大練習曲」の『ラ・カンパネラ』もそうです。最近は古い難しいヴァージョンのほうを弾くピアニストもいます。ラフマニノフ編のクライスラーの『愛の喜び』や『愛の悲しみ』なども試験で弾いても私は全然良いと思いますし、モーツァルトのトルコ行進曲もオリジナルだけでは面白くないので、ファジル・サイの編曲ものを演奏会で普通に弾いたりする人がもっといても良いと思います。あるいは「展覧会の絵」をホロヴィッツ編で弾くのも自由でしょう。
パラフレーズや編曲は単なる「遊び」ではなく、例えば、他の作曲家の曲の主題を使って作曲されたマジメな「変奏曲」などと同等の価値を持った作品として捉えて良いのではないでしょうか。そういう作品も多いように思います。

特にクラシックのピアノの世界は「『楽譜』や『原典』に忠実」ということを非常に重んじる保守的な傾向が強かったわけですが、広い音楽の世界の中ではそれはけっこう特殊なほうかもしれません。ピアノ曲では楽譜の音を一つ変えることさえ許されない雰囲気が長らくありましたが、今はもう少し柔軟な考えにシフトしていっても良いような気がします。

話は少し飛びますが、一つコンサートを紹介します。

フランチェスコ・リベッタのピアノリサイタルが10月29日に浜離宮朝日ホールであります。


画像をクリックするとコンサート情報に飛びます

作品はすべてイタリアの17世紀から20世紀までの作品で、プログラムを占めている作曲家はレーオ、ロッシ、マルティーニ、トゥリーニ、パラディシ、クレメンティ、ブゾーニ、レスピーギ、タヴァロス、カゼルラ、バッティアートとなります。よくこれだけ弾きますね。たぶん一般のピアノファンでも、この中で知っている作曲家のほうが少ないと言うでしょう。

このコンサートの企画をしたJK arts代表の木下さんは、マルク=アンドレ・アムランを日本に紹介した人です。コンポーザー=ピアニストへ多くのピアノファンを開眼させた功績があります。私も同時期にアムランを通してメトネルなどの作品に目を向けることになりました。
もう一人のアルカンの作品を弾くピアニスト、やはりイタリアのヴェルチェンツォ・マルテンポのリサイタル(11月2日)、その二人のデュオ(10月31日)とともに、JK artsが企画する演奏会に興味を持つ方はぜひ足を運んでみてください。その内容においては、おそらく「一度きり」のコンサートになるでしょう。(チケットご入用の方は、私の方へもぜひお問い合わせください。)

JK artsのコンサート情報

雑記 : 14:35 : comments (x) : trackback (x)
発表会無事終了/本日夜の番組

書きそびれていましたが、ピアノ発表会は無事に終了。
皆さん素晴らしい演奏をしました。
地元のホール(まだ新しい)のピアノも、皆がたっぷり弾きこんだことで、以前よりも良い音色が出るようになったし、鳴りも良くなってきたように思います。また、カプースチンや難しい楽曲を弾くにもタッチに問題はなく、けっこう弾きやすいピアノなのではないかと思いました。

今になって思うのですが、今後は企画をもう少し凝ったものにしても良いと思いましたし、もっと宣伝する価値があるのではないかとも思いました。イベントは一回一回がとても大事ですね。

話は変わりますが、本日、夜8時よりBSテレビで辻井伸行君の2時間の番組が放映されるという連絡が入りました。ベトナムなど東南アジアを回った時の模様が取り上げられ、感動的な番組に仕上がっているようです。さっそく、私も久しぶりに録画予約をセットしました。

10月 5日(土)BSフジ 20:00~21:55
「辻井伸行×東南アジア紀行」~心を繋ぐメロディー
リンク→http://www.bsfuji.tv/top/pub/tujii.html

番組のサイトを読んでみてあらためて思い出してみると、オーケストラとの初共演は辻井君が10歳の時、場所は神戸でした。その時の指揮者、本名徹次さんとベトナムで再会したというのだから、縁というものは必ずどこかで繋がるものなのだな~と思います。

雑記 : 08:35 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<  2013 - 10  >>
COUNTER
total:2511856
today:125
yesterday:830
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX