Main
良い練習に向けて①「頭を働かせて練習する」

今月20日に発売されたばかりの「ムジカノーヴァ」(音楽雑誌)12月号に、今回は暗譜に関する特集ということで、「暗譜の事故多発地点~その原因と対策」というタイトルの私が書いた文章が載っています。ご覧いただければ嬉しいです。



今回の原稿の内容に関連して、ピアノのための「良い練習の仕方」を他の観点からあらためて考えてみたので書いてみたいと思います。

暗譜も確かに頭を働かせなければできないものですが、演奏そのものにもやはり頭を使うものです。実際には、ピアノを弾く人はたくさん練習しなければいけないので、あまり頭を使わなくても反復練習しているうちに弾けるようになってしまいます。だから、どちらかと言えば感性だけで弾いている人も多いと思います。練習の際にも、頭を使うよりは指の練習をしたり、「弾き込む」ことを重視している人が多いと思います。感性で弾いている部分が9割で、知的な部分、頭を使っている部分が1割という感じでしょうか。あまり意識しなければそうなるのではないかと思います。私の考えでは、これを逆にすればもっと練習の効率も演奏自体も良くなると思うのです。もちろん、曲が弾けるようになったら音楽に没頭することも必要なので、必ずしもピアノは頭脳だけで演奏するべきものではないと思います。でも、練習の際にはやはり9割は頭の方を働かせようと意識すると、その効果はとても大きいものです。

頭を働かせるとは具体的にどういうことでしょうか。
ピアノを弾こうとすると、まず譜読みをするわけですが、最初は音やリズムを正しく読んで実際に指を運んで弾けるようにしていきます。そしてその次の段階で、どのようなことに注意して練習するべきか、大事なことを挙げておきます。

①曲の構成を知り、細かい音に至るまで頭で理解して弾くこと。
②アーティキュレーションを正しくできるようにすること。その際に、各指の位置や手首の角度、手のあらゆる部分を正しく使えているか=そのフレーズにふさわしい力のかけ方と抜き方ができているかを意識すること
③ハーモニー進行に意識を向けること
④指使いを意識して弾くこと。

一般的にピアノ学習者に軽視されていると思われることを4つ挙げてみました。上の4つについては詳しい説明が必要だと思いますが、まずは項目だけ書いておきました。
これらについて、また次回詳しく書いていきたいと思います。

暗譜に悩んでいる人にとっては上のことは特に重要で、これらは自分で練習する際に普段から意識すると良いでしょう。その上で、あとは本番に向けての準備の仕方や、ステージ上での気持ちの持ち方などいろんな秘訣があるかと思います。

最新号ムジカノーヴァの論考と合わせて参考にしていただけると嬉しいです。

ピアノ練習のヒント : 10:21 : comments (x) : trackback (x)
今月は講演会が三回

うっかりすると、すぐにブログの更新が止まってしまいます。
最近は睡眠時間がかなり短くても生きていける身体になってしまったので、細々(こまごま)と常にいろんな仕事をしている気がします。

一昨日には調布市文化会館(たづくり)にて講演をしてきたところ(主催は調布市私立幼稚園PTA連合会)ですが、明日は姫路へ講演に行きます。最近は、大阪や岡山あたりなら飛行機に乗って日帰りで行くことが多かったのですが、明日は新幹線で移動の予定です。

こんなふうに最近は講演(1時間~1時間半くらい)をするという仕事も多くなってきましたが、ステージにグランドピアノが用意されていて、後半で演奏も聴いていただけるというパターンが日常化してきました。考えてみればありがたいことです。
今月は、あと30日に群馬県の太田市で講演(&演奏)の予定があります。

書きたいことはいろいろあるのですが、またもう少し落ち着いてからにしたいと思います。

雑記 : 23:00 : comments (x) : trackback (x)
門下生のリサイタル二つ

大学院2年生の二人がそれぞれリサイタルをしますので、ここにご紹介したいと思います。
1人目の大谷朋(おおやとも)さんは東京音大を卒業したあとワルシャワ音楽院に留学をしていました。帰国して東京音大の大学院で勉強を続けています。リサイタルは12月26日。



ポーランドで勉強していたことも関係しているのでしょうが、ショパンは好きでかなりマイナーな作品に至るまでレパートリーを持っています。そのショパンと、同じポーランドの作曲家シマノフスキの作品と組み合わせてのリサイタルです。
プログラムは以下です。

ショパン:ノクターン18番、序奏とロンド、ピアノ協奏曲第2番(ピアノ伴奏)
シマノフスキ:変奏曲 作品3

2人目の金子泉(かねこいずみ)さんは、あまりにもカプースチンが好きなために学部の卒業試験でもカプースチンのエチュード全曲(Op.40)を弾いてしまったという経歴の持ち主ですが、リサイタルは一件オーソドックスなプログラミングでありながら、これまた大きな力量を必要とする挑戦となるでしょう。リサイタルは11月30日。



プログラムは以下です。
スカルラッティ:ソナタ(2曲)
ベートーヴェン:ソナタ28番、
ショパン:舟歌
ラフマニノフ:音の絵(エチュード)3曲
スクリャービン:ソナタ2番
カプースチン:変奏曲 作品41

二人とも1月には修士試験での演奏もあります。大学院2年生のピアノ科は全員が一人60分のリサイタル形式の演奏をします。試験は丸3日間を要しますが、それぞれの個性的で思い入れのあるプログラムを聴けるので、リサイタルマラソンというか、非常に長い3日間にわたるコンサートという様相を呈しています。通常の試験と比べればかなり楽しく聴けます。(ただ、本当に長いですが。)

リサイタルの応援もよろしくお願いします。(チラシの画像はクリックすると大きくなります)

雑記 : 22:26 : comments (x) : trackback (x)
良い演奏家の条件②「モチベーション管理術」

ブログに以前も少し書きましたが、モチベーションの管理がいかに大事かということについて書きたいと思います。「やる気をどう持続させるか」という問題はどんな人にも関わることですので。

誰にでも、調子が良くて楽しくて仕方がない時もあれば、逆に面白くなくなったりやる気が出ない時が必ずあると思います。ピアノの練習にも「飽き」が来る時だってやはり誰でもあるでしょう。人は同じことを単に何年も何十年も続けられるものではないですから。気分が乗らなければ何もする気にならないというのは、子供でも大人でも同じだと思います。試験がなければ多くの子供は勉強しないでしょうし、人前での本番がなければ楽器を練習する気が起きないというということもあるでしょう。

だから、突き抜けている人というか、本当にスゴイところまで行った人というのは、やはり自分のモチベーション管理が上手いのだと思います。ピアノが好きで好きで仕方がなく、何十年もやっていて一度も嫌いになったことなどもなく、スランプもなく、毎日毎日弾き続けていて本当に飽きないという人は、それだけで才能があるといえるかもしれません。演奏家に限らず、どんな職業の人にも稀にそういう人はいると思います。
ただ、普通は同じことをやっていればモチベーションはだんだん落ちてくるものでしょうから、常にフレッシュな気持ちを保つためには自分をやる気にさせ続ける才能が必要です。ここが上手くいけば何でも成功できるような気がします。

例えば、英語を身につけたいと思っても、学生時代はそれなりにいろんな試験があるから勉強するでしょうが、社会人になってからさらに数十年にわたってずっと勉強し続けるとしたら、やはり目的がなければ続かないと思います。実際に英語を使う仕事に就くとか、1ヶ月後に外国人と二人きりで1時間喋らなければいけないとか、現実的な必要に迫られる環境を何か創り出すことが必要です。例えば留学というのもそれなりに厳しい環境が得られる選択でしょう。
私は昔どうしてもフランス語を身につけたかったため、まずはそれより少し易しいスペイン語(これも重要だと思ったので)を独学で身につけようとしました。そして、そのためにたぶん数千時間は勉強したし、留学中にはスペインに何度か実際に足を運びました。ただ、それ以降スペイン語を使うことがなかったため、現在のところモノになっていません。そのために使った時間のことを考えるとすごくもったいないと思うのですが、それだけモチベーションの持続は難しいことなのです。(フランス語はその教訓を活かして失敗せずに済んでいますが。)

例えばピアノが好きであるなら、それを本気で押し通していくために、続けるための工夫をいろいろ考える必要があると思います。勉強と同じです。「好き」だけでは上達するものでもないし、長く続けられないのも事実だな、と思います。
自分がピアノを続けることの正当性というか(大げさですが)、自分のやっていることに対して深く納得していることも大事です。でも、納得するしないにかかわらずどうしてもやり続けたいというなら、それをしなければいられない環境を自分にどんどん与えていくに限ります。人それぞれに違うと思いますが、自分なりのモチベーション管理術を研究し続けることは、将来も絶対に役に立っていくと思います。

ピアノ練習のヒント : 20:05 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<  2013 - 11  >>
COUNTER
total:2336494
today:75
yesterday:1126
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX