Main
一年を振り返って

今年もあと1日を残すのみとなったところで、今年はけっこうおとなしくしていた年だったな~と思い返しています。
あえて言えば、カプースチンのピアノ協奏曲第6番の世界初演はまあ大きかったかなと。後々になって、これがスゴイことだったと言われる時が来るのかどうか知りませんが、こういうことって思うほどは話題にならないのですよね。それにしてもこの6番のコンチェルトも本物の傑作だと私は思うのですが…。というか、作曲家の頭の中の進化度にビックリしました。演奏し終わった時点で100%この曲に共感できたと感じたのですが、その時の感動は何ものにも代えがたいものでした。その後カプースチン本人には演奏会当日の録音を渡しましたが、すぐにメールをくれて絶賛してくれたのですからそれだけでも「良し」としなければいけませんね。
ちなみに、あのコンサート(3/12紀尾井ホール)の音源はすべて存在しますが、映像付きの音源は私の協奏曲第6番の第3楽章の演奏の一部(アンコール演奏の冒頭1分余り)だけがYoutubeで観ることができます。(この初演で譜めくりをしているのはなんと松本あすかさんです! 興味のある方は探してください。ちなみにヒントは「日本語で検索してもダメ」です(笑))
いずれはカットしていない演奏が公開されるかもしれません。

ただ、カプースチンのPコン6番は是非もう一回弾きたいですね。それから昨年6月に日本初演した4番も何度だってまた弾きたいです。こんなに素晴らしい曲の存在を多くの人がまだ知らないなんてもったいない話です。現代作品は普及するまでに10年も20年も、あるいはそれ以上も本当にかかるのですよね。

メトネルのピアノ協奏曲第2番なんて、アムランが10年くらい前にサントリーホールで日本初演したっきりでその後誰も弾いていないのではないのでしょうか。メトネルも作曲家としてメジャーでないという理由で、あれほどの名曲をまだ誰も知らないわけです。ピアノ界には不思議な現象がたくさんあります。
メトネルのピアノ協奏曲は1番も2番も3番も全部弾きたいと思っています。誰も弾いてくれないならなおさらですね。あとカプースチンの5番もまだ生演奏は存在しない(録音も)ので、これも誰かがやらなければいけないですね。私がオーケストラと何かを弾く機会があるなら、もうそういう曲しかありません。(笑) あとバラキレフのピアノコンチェルトとか…。

プロコフィエフは今年が没後60年でしたが、さすがにピアノ協奏曲など今では多くの人が弾くようになりました。2番や3番などあれほど難しい技巧を要するものなのに!です。ただ、プロコフィエフは今聴いても斬新だなと感じる部分があります。7曲の交響曲を含め、まだ作曲家の本当の評価はきちんと出ていないと言えるのではないでしょうか。それにしてもあの時代に、よくこれだけの新しい価値(作品)を生み出したものだと思います。まだまだ今後数十年を経て本当の良さは発掘されていくことでしょう。それだけ見ても、やはりロシアにはまだまだ眠っている宝物が多いことは事実ですね。

一年を振り返ろうと思って書き始めたら、またロシア作曲家の話ばかりになってしまいました。来年はどんな年になるのでしょうか。自分でもわからないところが面白いのですが、相変わらず未知なる挑戦を続けていきたいと思っています。

雑記 : 16:45 : comments (x) : trackback (x)
13日の「ロシアンリサイタル」

その後忙しかったのでブログでの報告が遅れてしまいましたが、一昨日の演奏会は無事に終了しました。


演奏終了後の出演者たち

演奏曲目の中身はけっこう濃い2時間だったと思います。
出演者全員に入れ代わり立ち代わりトークをしていただきましたし、曲目は複数の演奏者によるカプースチンの作品を聴きつつ、そこへ挟むようにロシア作曲家の知られざる名曲を散りばめました。その効果はいかがなものだったでしょうか。

こういう企画は普段なかなかできないのですが、今回みんなで取り組んでとても良かったと思います。準備にもう少し時間をかければもっと良いものができたとは思いますが、時間が限られた中でできることをやったという意味でも勉強になったと思います。プロであってもいつも十分な準備時間に恵まれるわけではありませんし。
1人あたり1曲~数曲という演出でしたが、それでも大曲や難曲がいくつもあって、全体で一つのコンセプトの演奏会だったので、演奏会は「ロシアンリサイタル」と名づけました。ただ、演奏者一人一人にとっては、決して易しい挑戦ではなかったと思います。この演奏会で、ロシアの作曲家がいかにピアノ曲のレパートリーで重要な位置を占めているかが分かりましたね。

とても充実したイベントではあったと思います。
聴衆の方々からいろいろ嬉しいコメントをいただきました。この場で感謝申し上げます。またいつか企画したいと思います。

雑記 : 08:57 : comments (x) : trackback (x)
「かわもん?」と来週のイベント

今年度の大学の卒業生たちと卒アルの写真を撮る直前に、その学生たちに「画用紙を持って撮りたいと思うんですが『かわもん』と『川上門下』とどちらが良いでしょうか?」という訳の分からない質問をされて、一瞬頭の中が??でした。
川上:「かわもんって、何?(笑)」
学生:「つまりくまモンみたいな…」
たぶん未来永劫残るキャラにはなり得ないだろうと思いましたが、というより、一瞬で終わってしまうキャラになり兼ねないとは思いましたが、「どっちでもいいんじゃない?」と言うと、突然学生たちは作業を始めました。そしてあっという間に謎のキャラを作ってしまいました。



これを私が持つの?
そして残りの文字の紙を他の皆が持って、屋上で写真を無事に撮ったのですが、それはここには公開しないことにします(笑)。



先日、なぜか本屋で目に飛び込んできた「くまモン」のティッシュ6袋を衝動買いして家に帰ってきたら、郵便ポストに毎月購読している「English Journal」最新号(1月号)がちょうど届いていて、封筒を開けたら今月号の表紙は「くまモン」だったので、「何だか最近呼び込んでいるな…(笑)」と思ったりしていたのですが、ここでついにとどめを刺されたという感じです。

まあとにかく、ここで書こうと思っていたのは来週の金曜日の演奏会のことです。
門下生で企画した「ロシアンリサイタル」と銘打ったコンサート。
プログラムのコンセプトは、とにかくカプースチンに焦点を当てて、周辺のロシア作曲家をカプースチンに意図的に混ぜ合わせることでロシアピアニズムの深さとその多彩さと、そしてカプースチンが完成させた新音楽のルーツを探ろうというものです。
演奏者は大学1年から院2年生まで。プログラムの概要は、カプースチンの連弾曲、エチュードが3~4曲、プレリュードが3~4曲、変奏曲、ほかにプロコフィエフ、メトネル、バラキレフ、ラフマニノフが各1~2曲ずつ。最後に私がカプースチンの「Free way」作品140を日本初演するという試みです。要所要所に出演者のトークを入れる予定です。

日時:12月13日(金)17:10~19:15 東京音大Jスタジオ
出演者:金子泉、高橋真理、大塲紗衣子、村本歩美、境祐希、佐々木大智、埴原麻由、程塚リナ、and川上昌裕。入場無料。

ご興味のある方は、出演者に連絡して詳しい情報を入手していらしてください。

雑記 : 20:45 : comments (x) : trackback (x)
講演会、演奏会など

昨日は少し忙しい日で、講演の本番もありました。
群馬県PTA主催での大きなイベントで、太田市の新田文化会館エアリスホールというところに行ってきました。この地元や群馬県の教育熱心な方々があちこちからたくさん集まってきました。
私はイベントの後半で講演&ピアノ演奏を依頼されていて、ゲストのような感じでその大会に参加させていただいたのですが、ジュネスという子どもたちからなる非常にレベルの高いオーケストラの演奏もあって、盛りだくさんのイベントでした。



会場は1000席以上。たくさんの人が参加され、教育関連の勉強会としてとても大きな意味を持ったものとなっていました。

そして最後には、群馬県のゆるキャラなどステージ上に5体も出てきて盛り上がっていました。これだけ見ても、群馬の気合いの入ったイベントだったのだなと思いました。私は楽屋に戻ったあと一緒に写真を撮らせてもらい嬉しかったです。(笑)


今年のゆるキャラランキングで全国3位の「ぐんまちゃん」と一緒に写真を撮れるとは考えもしませんでした(笑)


太田市のマスコットキャラクター「おおたん」も可愛いですね

他にも元気なのが3体いたのですが、すべて紹介するのも笑ってしまうのでやめておきます。

昨日は講演を無事に終えて、特急りょうもうで北千住まで1時間以上。乗り換えて、日暮里サニーホールの金子泉さんのリサイタルに駆けつけました。十分に間に合って、カプースチンはアンコールも含めてバッチリ聴けたので良かったです。



門下生もけっこう集まってくれて嬉しいものですね。

実は昨日の演奏会でも告知されたのですが、川上門下生企画で12/13に大学でカプースチンを中心としたリサイタルマラソン形式のトークコンサートを行なう予定です。
ホールは300席前後だと思うので、あまり大きく宣伝してはいないのですが、カプースチンはもちろんメトネル、プロコフィエフ、ほか、まだ初演されていないカプースチンの曲を私も1曲披露する準備を進めていたりします。
これについてはどこかでまたお知らせしたいと思います。

雑記 : 18:00 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2013 - 12  >>
COUNTER
total:2513303
today:517
yesterday:1055
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX