Main
本日のニュース0

今日私が出かけている間に、NYから帰ってきたばかりの辻井伸行君から電話があったとは!…あとで聞いてびっくりしました。来週のオルフェウス管弦楽団とのサントリーホールには、せっかくの本人からのお誘いにも忙しすぎて今回は行けないかな~と返事をしていたのですが、やはり行くしかないかな…。

あと20分後ですが、本日23:58~日本テレビ NEWS ZEROで辻井伸行君が取り上げられます。『挑戦密着ピアニスト辻井伸行が世界最高峰へ』

録画予約、ギリギリ間に合いました。

雑記 : 23:37 : comments (x) : trackback (x)
カプースチンと室内楽

カプースチンの作品は、もう世界のどこかで毎日誰かによって演奏されているというほど普及しているようです。たった10年余りでここまでメジャーになったという意味では、かなり特異な地位を築いた現代作曲家と言えそうです。

カプースチンの作品の演奏は、今や動画や音源で数限りなくアクセスすることができます。演奏者もその演奏内容もさまざまです。誰でも楽しめる音楽ですが、演奏する側から見れば、良い演奏をしようと思ったらそれなりに高度な技術が必要だし、音楽的センスも重要です。楽譜を読めば演奏はできますが、その作品一つ一つの本質や魅力を余すところなく伝えるという意味では、成功しているものとあまり上手くいっていないような演奏もたくさんあるような気がします。同じ曲でも違う演奏者が演奏するとまったく違った印象を受けることもあります。

カプースチンのピアノ曲についてはすでにかなり知られているけれども、室内楽作品の本当の価値はまだ知られていないように思います。演奏の機会は世界中で徐々に増えてはきていますが、まだ作品自体があまり知られていないし、聴く側にとっても、新しい音楽に触れられるという意味合い以上のものは実現していないように思います。

それで私は今年から来年にかけて、これまでに作曲されたカプースチンの室内楽の本当の価値を多くの人に上手く伝えていきたいと思って現在準備を進めています。まだ、私自身もCDでは「室内楽作品集No.1」を出しているだけですし、いよいよ次の仕事にかからなければいけないと思います。今年は良いメンバーにも恵まれる見通しが立ったので、カプースチンの室内楽作品を大量に紹介していきたいと思います。

昨日たまたま大学でカプースチンの「シンフォニエッタ」Op.49(連弾)のレッスンをした時に彼ら二人にも話したのですが、ピアノ曲でも管楽器のアンサンブルからイメージすると音楽がガラリと変わるということを知ってほしいと思い、サックス四重奏の演奏を聴いてみたら良いよと言いました。
私が言っていたのはYoutubeで見られる映像ですので、下にURLを紹介しておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=tSoOF6PD9UI

これはピアノソロのための「24のプレリュード」Op.53の第24番と第10番のアレンジですが、はっきり言ってスゴイですよね。ピアノ曲のイメージが、こんなにもエキサイティングなものに変わるということがわかるし、ジャズの演奏家にも時おり感じますが、クラシック演奏家のようなビートの数え方をしていません。それでこれだけ合わせることができるというのはある種のショックです。この演奏はかなりの腕前のほうだと思いますが、それでもアメリカのこのFischoff室内楽コンクールでは銀賞だったということです。つまり金賞グループが他にあったということ。若手演奏家でも、世界の室内楽コンクールのレベルは相当に高いことが分かります。

とにかく、カプースチン作品にはこのようにピアノ曲がいろんな編成にアレンジされて演奏されるようになりました。もう数えきれないくらいにアレンジものも増えてきました。また、オリジナルの室内楽作品でももっとコンクールでカプースチンが演奏されるようになると良いですね。

ちなみに、カプースチンのかなり新しい作品(例えばOp.150の弦楽四重奏曲など)でも、すでに演奏を一部動画で観ることができるし、世界で多くの演奏家たちが新作であっても同時に取り上げ始めていることが分かります。

私は今年は弦楽器奏者とのコラボも多くなりそうですが、例えばすでにヴァイオリン・ソナタやヴィオラ・ソナタは何度か演奏していますが、チェロとピアノのための曲はたくさんあって、チェロ・ソナタも2曲とも素晴らしい作品ですし、ピアノトリオ(三重奏)の作品は実は3曲も存在しています。まだ未公開の作品(委嘱作品のため)もあります。それらの作品をできるだけクオリティの高い演奏で紹介したいと思っていますし、今年はピアノ五重奏曲Op.89も何度か弾く予定です。

詳しくはこのブログでも告知していきたいと思っています。カプースチンファンの方々には、是非この機会にいろいろご協力ください。カプースチンで何か企画中の人もぜひ一緒にやりましょう。世界中からいつでも連絡をお待ちしています!(と言っても、ここではとりあえず日本語が読める人にしか発信できませんが。笑)

カプースチン : 10:43 : comments (x) : trackback (x)
明けましておめでとうございます

2014年が始まりました。
今年一年どうぞよろしくお願いいたします。



ネットの世界が当たり前になって、日本人のみならず世界中の人とコンタクトをとろうと思ったらいくらでもとれる時代になったのに、それでも日本人には年賀状を書くという習慣はそう簡単になくならないのでしょうね。皆さん、ご丁寧にというか、本当に律儀に元旦あるいは2日・3日頃までに年賀状が届くように準備されているのを見てある種の感動を覚えました。というか、自分が筆無精なだけかもしれませんが。あ、遅れましたが年賀状を書いてくださった方、本当にありがとうございます。私は案の定これから書くところですが、どこまで追いつくか…ですね。それよりも、まずはブログのほうが先かな、と思って今書いているところです。

今年はもうちょっと「社交的」になろうと決心しています。(笑)
どこまで実践できるかわかりませんが、やはり人前に出る仕事を続ける限りはそうでなくてはいけませんよね。ただ、お籠もりしなければいけない時間というのも一定量は必要なわけで、昨年はそのための時間がほとんどなかったにもかかわらずアウトプットがそれなりにあって辛かったのかもしれません。いろんな意味でもっと効率的に仕事を片付けていかなくてはいけないようです。ゆったりとした気持ちで過ごせる時間は海外にいる時だけ、というのも困ると思っています。

とにかく、今年は皆さんにとっても昨年よりバージョンアップした年になると良いですね。
私もまた新たなアイデアを出していろいろやっていきたいと思っています。きっと今年も新しい出会いがありそうですし、いろんなジャンルの人とコラボしてみたいです。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

雑記 : 11:24 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2014 - 01  >>
COUNTER
total:2367660
today:162
yesterday:900
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX