Main
フランスピアノコンクール

一昨日・昨日の2日間はフランスピアノコンクールの審査に行ってまいりました。



日仏文化協会のある建物の1階がコンクール会場となる汐留ホールです。
ここで二日間にわたってプロフェッショナル部門、成人一般の部、子供部門A・Bの4つの部門のコンクールが行われました。





審査委員長がパリのエコール・ノルマルのヴェロニク・ボンヌカーズ先生で、他には私はおそらく直接会うのは初めてでしたが藤井一興先生と末高明美先生とも審査をご一緒させていただきました。

パリへの留学の機会を与えられたり、将来フランスへ留学したいと思っている人には嬉しい賞が与えられるコンクールで、特にレパートリーにフランスものを弾くなどの制限はないのですが、明らかにフランス好きの人たちが多く集まっていたように思います。遠方から参加された方も多かったようです。


これらの賞の他に、参加者全員がもらえる記念品がありました。

そういう意味では、東京で行われるコンクールとしては国際性の強いコンクールであり、かつアットホームな雰囲気と参加者たちを尊重する雰囲気がありました。審査員からのコメント用紙が全員にあとで郵送されるということですが、大きな紙にぎっしり書かれていたように思います。私もたくさん書きました。
どの部門も演奏のレベルが高く、ものすごく準備をきちんとされて臨んでいた人も多かったように思いました。才能も多く集まってきていたと思います。
まだ第2回ということで、感触としてはかなりニーズが高いように思えたので、コンクールとして今後ますます発展していくのではないかと思いました。

私自身も実は子供の頃からフランスに憧れていて、それを象徴するさまざまな行動をとっていた時期もけっこう長かったのですが、なぜか留学はドイツ語圏のウィーン。そしてカプースチンが好きなので今はロシアもという感じで、結局ピアニストのレパートリーに重要と思われるドイツ、オーストリア、フランス、ロシアとバランス良く関わっている感じです。

昨日はボンヌカーズさんとカプースチンのことでたくさん話ができたのが意外でした。フランスでもカプースチンはもうずいぶん演奏されているようです…。

雑記 : 12:00 : comments (x) : trackback (x)
4/5にもカプースチンイベント!

ブログでは5月4日の「カプースチン祭り」のことを何度か宣伝しておりますが、この前のプレイベントとしてもう一つ、カプースチンの演奏が聴ける機会を設けました。



4/5(日)の午後2時より、ヤマハ池袋店1階スペースにて入場無料でカプースチンが聴けます。下のヤマハ池袋店のサイトを参照↓
http://www.yamahamusic.jp/shop/ikebukuro/event/kapustin-concert.html

この日は、3人の演奏者+私(ナヴィゲーター)がカプースチンの音楽をわかりやすく披露します。演奏とトークで約30分ほどのミニコンサートになる予定です。

ヤマハ池袋店さんでは、このようなイベントを何度もさせていただきました。もう5回ほどになるでしょうか。もう随分お世話になっています。これまでも毎回多くの人が聴きに来てくださいました。ここ数回は、おもに最新の楽譜やCDなどの情報とともに、カプースチンの音楽をさまざまなピアニストたちの演奏によって披露させていただいています。
今回4/5(日)はチラシにもありますが、松本伸章さん、脇絢乃さん、金子泉さんの3人の演奏で、カプースチンの名曲、新曲を、最新のカプースチン情報とともにお届けする予定です。
この日も多くの方にいらしていただければ嬉しいです。

カプースチン : 10:35 : comments (x) : trackback (x)
今年のショパンコンクール

ピアノを勉強している若者にとっては何となく気にかかっている5年に一度のワルシャワでのショパン国際コンクール。コンクール事務局は、約束どおりの日程できちんと書類・音源審査の結果を発表したようで、通過者の名前はサイトにすべて公開されています。

人によっては1~2年も前から膨大なショパンのプログラム(曲目)を準備していたことでしょう。そして、申し込みにあたってそのプログラムの一部を演奏し、昨年10月まで(コンクールの1年前)に録画を準備しなければいけませんでした。そして、さらに必要な分厚い書類とプロフィールとその音源を添えて申し込みを完了したわけです。
世界から届いた申込者の数は455名。その中から厳正な審査の上、たった160名がこの4月の予備予選を受けられる通知をもらいました。まったくもって、ピアニストの卵たちにとっては厳しい状況かと思います。ライバルは多いのですね。ちなみに日本からの申込者は88人中64人がはじかれて、24人のみ通っています。中国人(77人から26人通過)のほうが多いのです。通過者の国籍を見るとけっこう固まっています。日本人、中国人、韓国人、ポーランド人だけで95人、あとアメリカ人とロシア人を足して6カ国からの参加者だけで117人を占めます。
ワルシャワへの予備予選のために通過者は自費で渡航しなければいけません。そしてその審査の結果、80人が10月のショパンコンクールに出場できるわけです。道のりは長いですね。

今年は6月にチャイコフスキーコンクール(モスクワ)もありますが、日本人にはこのショパンコンクールの人気がなぜか世界でもずば抜けて高いのです。日本からわざわざ聴きに行く人も毎回います。おそらく、それ以外にポーランドまで旅行するなどという機会は普通あまりないかもしれません。ショパンの偉大さが分かります。ピアニストにとっては、数年間はほぼショパンばかり弾いていることになりますが、人生の一時期それも幸せなことかもしれません。

今回もピアニストたちにとっていろんなドラマが展開されるのでしょうね…

雑記 : 11:53 : comments (x) : trackback (x)
コンサート情報6/21

今年6月の「カプースチンへの誘い(いざない)」の第2弾室内楽シリーズのご案内です。
日時は6月21日(日)14時開演、場所は銀座のヤマハホールです。



昨年から私が企画しているカプースチンを聴くシリーズで、ピアノソロ以外の作品に焦点を当て、昨年から室内楽作品を取り上げて東京で行なっている演奏会です。

あまり生演奏が聴ける機会の少ない名作も意図的に盛り込んでいます。
この演奏会の前半は、昨年8月にヤマハ銀座店1階ポータルであの忘れられない素晴らしい演奏をしてくださったフルートの大塚茜さんと金子鈴太郎さんとのトリオで、カプースチンのフルート・ソナタ(デュオ)Op.125とピアノ三重奏曲Op.86の名曲2曲を演奏します。フルートソナタはCD録音しているものの、生演奏で全楽章を演奏させていただくのは初めてです。トリオもこのメンバーでの全楽章は初となります。

プログラム後半は、昨年の室内楽シリーズ第1弾でカプースチンのピアノ五重奏曲やヴァイオリン・ソナタやチェロ・ソナタを素晴らしく演奏してくださった読響のヴァイオリン鎌田成光さんとチェロの唐沢安岐奈さんとのトリオで、彼らが得意とする古典派の作品からハイドンのトリオと真新しいカプースチンのピアノ三重奏曲第1番Op.136を演奏します。特にカプースチンの曲は誰も聴いたことがないだけでなく、演奏者自身が現在この曲を現在進行形で紐解いている最中です。この6/21がおそらく日本初演になるでしょう。

とても楽しく、カプースチンファンにとってはちょっと豪華な内容になることをご期待ください。また、カプースチンをまだ詳しく知らないという人にも是非この機会に聴きに来ていただければ嬉しいです。


チケット取り扱い:
カンフェティ
http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=28071&

チケットぴあ
http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1505570

カプースチン : 09:07 : comments (x) : trackback (x)
神戸でテレビ収録

昨日は日帰りで神戸へ行ってきました。
NHK主催のコンサートで、『「しあわせ運べるように」を歌い継ぐコンサート』と題されたイベントで、各アーティストと小学生らの合唱団とともに私は最後の全員での合同合唱のピアノ奏者として参加してきました。



この曲は20年前の阪神淡路大震災の直後に臼井真(小学校教諭)さんによって作曲された歌で、その後ずっと歌われてきた特別な曲です。この曲を昨日はさまざまなアーティースト(松永貴志さん、森祐理さん、黒猫チェルシーさんなど)によって歌われ、また合唱でも歌われました。私は、作曲者の臼井先生が出された本に添付されたCDに合唱伴奏者として、またピアノソロ編曲版を弾いて録音に関わった関係で、私の伴奏音源が使われて多くの人たちに歌われてきたということで、昨日は私も演奏に加わることになったのです。あらためてこの曲の持つ力に感銘を受けました。




場所は神戸新聞松方ホール、リハーサル風景。

昨日のコンサートはNHK総合テレビで3月15日に(おそらく兵庫県のみ?)放送されるそうですが、またこの「しあわせ運べるように」の歌にまつわるストーリーが中心となった特集ドラマ「Live!Love!Sing!」という番組が全国放送で3月10日(火)総合テレビ22:00~で放映されるということです。また、この番組を撮った際に取材された密着ドキュメンタリーが3月3日(火)の22時からも放映されるということで、どちらも録画して観たいと思っています。神戸と福島が舞台になっており、それにまつわる人間のドラマの中にもきっと考えさせられることが多くあることと思います。

雑記 : 10:30 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2015 - 03  >>
COUNTER
total:2446139
today:68
yesterday:1104
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX