Main
6/21コンサート

現在準備中のコンサートです。



いよいよ来月6月21日(日)です。
先日「カプースチン祭り」が終わったばかりですが、こちらは自主企画の少し贅沢なコンサートです。自分がわざわざ企画をするものは最近ではもうカプースチン絡みのものしかなくなってきた感がありますが、今回も一度きりのプログラムで初演曲(ひょっとしたらアンコールにも?!)を含む形になりそうです。
ただ、この演奏会はいわゆる現代音楽のコンサートという体裁ではなく、本来の意味での音楽会そのもの(純粋にクラシック音楽を聴いて楽しむための)と言って良い内容になると思います。私が行なう選曲はやはり自分が納得できるもので構成します。ここ数年ずっとそうだった気がします。もちろん新曲も入ってきますが、それによって未知の音楽も聴けるので、聴衆の中にはきっと予期しなかった感興を呼び起こされる人もいると思います。

最近は、クラシック音楽を学ぶために音大に入っても、実はジャズを平行して学びたかったとか、例えばピアノ科の学生でも他ジャンルにもすごく興味を持っていて、そういう音楽をただ聴くというのではなく自分でも演奏したり作曲までする学生が増えてきています。私の身近にも多いです。これは最近の新しい傾向だと感じています。
クラシック音楽だけを究める、それもある程度高いところを目指せばそれでやっていけるという時代はどうやら終わった感じがします。もっとも私自身は自分をクラシック音楽家であるという自覚をまだ持っているのが不思議といえば不思議なことではありますが。

それはともかく、この6/21の銀座でのコンサートは共演者がみな素晴らしいので、私も本当に楽しみに準備しているコンサートです。
皆さんどうぞよろしくお願いいたします!

【チケット取り扱い】
カンフェティ
http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=28071&

チケットぴあ
http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1505570

カプースチン : 20:58 : comments (x) : trackback (x)
つづき~カプースチンからのメール

昨日のカプースチン祭りの余韻がまだ残っています。

さっそくカプースチン本人に、昨日のコンサートの出演者(第1部&第3部)の名前と演奏した曲目をすべて送ってフェスティヴァルの報告をしておきました。
そうするとすぐに返事が返ってきて(笑)、「以下の作品が演奏されたことは私にとって新しい出来事だ - Opp. 115, 81, 67 & 113, 102, 143…」と書いてありました。
確かにその通りでしょうね。
→森本さん、あなたが弾いた曲は2曲ともカプースチンの心を揺さぶったということですね(笑)。
100番台以降の作品は、演奏されること自体が少ないし、生演奏が聴かれる機会も少ないものが多いと思います。金子さんが弾いた108と152がここに入っていない理由は、もちろん先月カプースチン本人の目の前で弾いて聴かせたばかりだったからでしょう。

昨日のイベント終了後は、第1部と第3部の出演者を中心にしたメンバーで、かなりの大人数で中華へなだれ込みました。そこへ突然登場した(演奏会には遅れてしまった)高沖氏の存在も見えます。カプースチンは「Takaokiは遅れて来たなんて、なんて残念なことだ」というコメントを書いてきました。「終演後、深夜までたくさん語り合った」と私が書くと、「深夜まで語ったって、誰と?Takaokiと?」などと書いてきたので、これだけカプースチンファンがいて皆と語り合ったことを伝えました。


この写真はカプースチンにも送りました!(笑)


カプースチン : 20:09 : comments (x) : trackback (x)
カプースチン祭り!ありがとうございました

昨日は無事に「カプースチン祭り2015!」を終えることができました。
関係者の皆様、本当にありがとうございました。



いやもう書きたいことは山のようにありますが、とにかく第1部から第3部まで大盛況だったことは有難いことでしたが、当日券が完売となってホールに入れなかった方々には本当に申し訳ないことをしました。

第1部から演奏のクオリティがすごくて、このようなカプースチンの最初のイベントとしては出来すぎと言える内容だったかと思います。私も第2部と第3部の出演を控えつつ、第1部のすべての演奏を客席で聴かせていただいて感動しまくりでした。

昨日はカプースチンの名曲をたくさんの演奏者の解釈によって楽しく聴かせていただきましたが、珍しい曲もいくつかあって、そういう機会に恵まれるのはこの企画ならではのスペシャルな瞬間だったかと思います。
例えば第1部の最後の植松さんがピアノ・ソナタ第10番を弾いてくれましたが、私自身あの曲を生で聴いたのは初めてでした。実は自分がカプースチン作品3枚目のCDレコーディングの時に収録するつもりで弾いたのですが、時間の関係でカットされた幻の曲でもあります。
私は昨日最後にピアノ・ソナタの第19番を弾きましたが、この曲も初演だったので、もう一回聴きたいと思っても次にいつ聴けるかはわかりません。金子さんが弾いた「危機に晒されたピアニスト」(笑)Op.152もそのような作品でしょう。
昨日の夜中から今までずっと、私の頭の中は自分が弾いたソナタ19番がエンドレスで鳴り続けて今苦しんでいます。もう弾かなくて良いから忘れたいのに、演奏が終わってから取り憑かれたように頭の中で繰り返されるのですよね。いつもこうなのです。これどうしたら良いのだろう!?

昨日のレベルのカプースチンのイベントをまたやろうとして、はたしてできるだろうか??と思うほど、本当に内容の濃い演奏会だったと思います。第1部も本当に面白かった。もっとたくさんの人とずっと語っていたかったくらいです。いや、ぜひまた皆さん語りましょう!!昨日は時間が足りなさすぎでした。

皆さん、本当にありがとうございました!
カプースチンのすばらしさをもっと知ってほしい!!

第1部と第3部の写真をアップさせていただきます!





カプースチン : 12:55 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2015 - 05  >>
COUNTER
total:2311254
today:53
yesterday:781
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX