Main
2015ショパンコンクール結果

ポーランドのワルシャワで約1ヶ月にわたって行われていたショパンコンクールもついに本選が終わって結果も出ましたね。

もうすでに知られているかと思いますが、入賞者は以下のようです。
第1位 Seong-Jin Cho(チョ・ソンジン 韓国)
第2位 Charles Richard-Hamelin(シャルル・リシャール=アムラン カナダ)
第3位 Kate Liu(ケイト・リウ アメリカ)
第4位 Eric Lu(エリック・ルー アメリカ)
第5位 Yike (Tony) Yang(イーケ・ヤン カナダ)
第6位 Dmitry Shishkin(ドミトリー・シシキン ロシア)

5年に1度しかない本場ワルシャワでのショパンコンクール。特に日本人には最も人気の高いピアノコンクールでしょう。実際に現地まで聴きに行かれた方も多かったと思います。ただ、2005年のコンクール以来、コンクールの模様はYoutubeを通じて世界のどこからでも観れるというのが常識になってしまいました。考えてみればすごい進化だと思いますが、おそらく皆さんは当然のごとく、自宅にてコンクールの参加者たちによる熱のこもった演奏を楽しんでおられたことと思います。

1位のチョ・ソンジンは、さすがにすでにいくつもタイトルを持っているだけあって21歳とは思えないプロの安定感を持っていると思いました。プロフィールを見ていたら、彼はなんと私と誕生日が同じ日なのです。まあそれはどうでも良いかもしれませんが(笑)、とにかくこれから人気がさらに急上昇するピアニストになっていくことは間違いなさそうです。

今やコンクールでは、かなり安定したテクニックがある上に何らかの新しい解釈というか、新たな感性というか、個性が明らかに光っているような演奏に点数が集まる時代になっていくのではないかと個人的には思っていたのですが、いやいややはり誰にも納得できるほど細部までの音のコントロール力と表現力を持つだけでもやはりとても難しいことなのだということが分かりました。安定感というかプロ意識というか、非の打ち所のない演奏というのはまだまだ強いのだと感じました。

それにしても、ピアニストに限って言えば、どう見てもまだまだ時代とともに進化し続けているというか、才能の凄さという意味では、その高さにおいても数においても、世界レベルで今も上がり続けていることは間違いないと思いました。

雑記 : 23:11 : comments (x) : trackback (x)
11/15にカプースチン公開録音コンサート

昨日は、カプースチン関連の仲間たちと会いました。

アメリカから一昨日に来日したばかりのピアニスト、ラフィ・べサリアンさんとは昨日初めてお会いできました。11/15に企画されている東音ホールでのオール・カプースチン・プログラムの公開録音コンサート第2弾に今回出演してくれるということが決まっています。



ラフィは現在はジョージア州立大学で教えており、アトランタ在住だそうです。今回は日本にコンクールの審査員として来日したようですが、11月の演奏会前に一度お会いすることができ本当に良かったです。やはりこの演奏会で弾く予定の江本純子さんとモスクワで知り合った関係が良き縁になりました。昨日は皆でカプースチンを弾き合いながら、カプースチンの話題で大いに盛り上がりました。





演奏会は11月15日(日)14時から開演。
昨年に続いて、今回もカプースチンのスタンダードなレパートリーから新しいものまで、盛りだくさんのプログラムが個性的な演奏者たちによって繰り広げられます!
ピアノファン、カプースチンファンの方々には、ぜひ楽しんでいただければと思います。私は今回は演奏メンバーに加わってはいませんが、もちろん応援に駆けつける予定です。

カプースチン : 12:21 : comments (x) : trackback (x)
Ilana Veredリサイタル&公開レッスン

ワルシャワではショパンコンクール2015がついに始まりましたが、結局私は日本で忙しすぎるので今回は遠くから見守ることになりそうです。

ここのところ、自分が外国へ行くよりも日本に来る外国人のお客さんのお世話が多いです。
3日前には東京音大の授業にペルージャ音楽祭でもお世話になった女流ピアニストIlana Vered(イラーナ・ヴェレッド)さんを迎えて、ミニリサイタルとマスタークラス(公開レッスン)をやっていただきました。リサイタル(ショパン、メンデルスゾーン、バッハ、ラヴェル)も素晴らしかったし、公開レッスンは私が通訳をすることになりましたが、内容も素晴らしいものだったので良かったです。



実は長い間、自分的には大学の授業での通訳などはもう引き受けないことにしていたのですが、今年は5月にドイツのハノーファーからのゲツケ先生の通訳もやったし、10年ぶりくらいに公開レッスンや公開講座の通訳を再開しました。というか、自分が多くの学生たちの役に立つのなら、たまには引き受けても良いかなという考え方に変わってきました。



彼女が日本に来られるのは本当に珍しいことだと思うので、その日は夕食にもお誘いしました。
数えてみればPerugiaではもう4回も会っていましたが、Ilanaさん夫妻とこんなにゆっくり話をしたのは初めてだったかもしれません。彼女は80年代頃にはよく日本にも来て、N響などと公演をしていたこともあったのです。全国ツアーをしたこともあるそうです。銀座のホテルから渋谷のNHKまでボディガード付きのタクシーで移動していたとか。日本の聴衆は静かというか、拍手も弱いし熱狂もしないので、その日本人メンタリティを知ってはいても演奏後に拍手がパラパラとしか聞こえないと今でもショックを受けるそうです。先日東京音大で彼女が弾いた時には聴衆は学生たちしか聴いていないはずだったのに、演奏後に後ろから「ブラヴォー!」と叫ぶのが聞こえてきました。これにはIlanaさんも嬉しかったようです。(あれは誰だったのだろう??)

雑記 : 08:59 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<  2015 - 10  >>
COUNTER
total:2386282
today:1106
yesterday:1011
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX