Main
ライヴ録音とCD録音

公開録音のコンサートというのは、なかなか演奏者にとっては厳しいものがあります。NHKの「名曲リサイタル」などもそうですが、広めのスタジオに聴衆を招いてのライヴ・コンサート形式で、司会とアーティストで行なうトークを挟みながらのコンサート。一回きりの本番が録音されたものが収録され、後にオンエアされます。あれは本当に緊張を強いるものです。

先日紹介したピティナの公開録音コンサートも似たような環境で、それほど広くない空間で聴衆が「目の前に座っている」状況で演奏して収録されるというものです。特に、カプースチンのような楽曲では、演奏者に通常の曲以上に集中力や技術が要求される酷なものではあるでしょう。

ライヴでは、演奏者にはある瞬間に集中的にエネルギーを投入する能力が必要です。ただ、これは人によっていくらか得意不得意があって、CD録音などで同じ曲を何度も続けて録音する場合、最初に演奏したものが一番良いテイクになる傾向が強い人と、最後に演奏したものが一番良いものになる傾向が強い人がいると思います。ライヴでは一点集中型のエネルギーの使い方が大事ですが、CD録音などの場合は、エネルギーが最後まで切れないように「エネルギーを持続する力」と、何度も本気で演奏できる「集中力」の両方が必要になります。

今月、辻井伸行君の「ショパン:ソナタ第2番・第3番」というCDがリリースされました。



「ぶらあぼ」12月号のCD評にも載っていましたが、嬉しく読ませていただきました。その評には、例えばソナタ第3番に対しては、「…このソナタに驚くほど新鮮な息吹と奥行きとを与えている」とか、第2番には「謎めいた4楽章の美質を、これほど明瞭に伝えてくれる演奏は今までになかった」などと書かれていたことです。これは私にとっても嬉しく思える記述でした。

この録音にまつわるエピソードを差し障りのない程度に紹介したいのですが、第3番は2005年のショパンコンクール出場の際にそれに向けて準備していたレパートリーの一つだったので、かなり時間をかけて音楽的に成熟していったものでした。辻井君の本にも書いてあるのですが、このソナタ3番の1楽章が予備予選のくじ引きで当たったことをきっかけにして運が向いてきたという話もあったと思います。彼にしてみれば、思い出の曲の一つであり、また思い入れのある曲でもあります。第2番のソナタは今年の「プレミアム・リサイタル」シリーズでレパートリーに入った曲で、この7月に紀尾井ホールでのライヴを録る際に、ドイツからやって来たディレクター氏も交えて同じ日の直前のリハの時間に録ったものです。
ディレクターのフリーデマン氏がこの日の録音でこだわったのは、2番のソナタでは意外にも第3楽章(葬送行進曲)と第4楽章でした。ライヴ本番前のCD録音がどのように進められたかは興味のある人もいるでしょうが、その日フリーデマン氏は特に第3楽章のテンポのことではずいぶんダメ出しをしていたので、辻井君がそれに耐えられるか私も少し心配してしまいました。やはり、CD録音となるとアーティストとディレクターの双方の納得というものが大事なので、演奏上、あるいはホールの響きなどの関係で細かい微調整は最後まで必要なのです。実際、その甲斐あっての出来栄えになったと思います。第4楽章は辻井君は何度弾いても指の動きはほぼ完璧ですが、ペダルの微妙な扱いについてはフリーデマン氏の要求もいろいろとあって、非常に細かいリクエストもいくつもありました。ピアニストにとっては、研ぎ澄まされた神経と、摩耗されない神経と、その両方が要るという感じです。
しかし、フリーデマン氏はあれだけの要求を迫ったにも関わらず、辻井君の演奏(4楽章)について「ただ、あれだけ弾けること自体、普通ではない。私はこれまでいろんなピアニストを聴いてきたが、あの4楽章をあんなふうに弾けるピアニストを知らない」と私に漏らしたので、私は同感で「あー、さすがに分かっているのだな」と彼に対して一目置いたのも確かです。その他にも、非常に辻井君のことを深く分かった上で的確な指示を出していることに安心もしました。
ただ、本番直前にあれだけ神経を擦り減らされる集中力を要されるというのは、ピアニストというのは本当に大変なものです。アーティストによっては文句を言うかもしれないとも思いました。でも、辻井君は決してそういうことはしませんでした。
とにかく今回のショパンのソナタのCDは私も少し関わっていたので、良いものが出来上がって良かったなと思っています。エイベックス・クラシックスさんに感謝です。

雑記 : 23:29 : comments (x) : trackback (x)
カプースチン演奏の動画

かなり報告が遅れましたが、先日15日(日)のカプースチンの公開録音コンサートは無事に多くのお客さんに囲まれて終了。私は当日は司会進行役で参加しました!


打ち上げの席での1枚

ピティナでは公開録音コンサートとして、このシリーズの演奏会を機縁として多くの動画をアップしています。たくさんの演奏家によるクラシック作品の演奏が聴けることも嬉しいですが、珍しい作品を聴くことができるのも大きな点であり貴重な情報源にもなっています。特に、カプースチンの曲はどの曲も作品の完成度が高いし、技巧的難易度も高いので、動画で演奏が聴けるのはとても貴重だと思います。

例えば、このシリーズで9月25日に行われた近藤由貴さんのリサイタルに私は行けなかったのですが、その日は珍しいカプースチン作品も弾かれていて、すでにYoutubeにアップされています。この日に演奏された中でも特に「スケルツォ」Op.95はおそらく初演でしょうか。これが聴けるのはカプースチンファンにはとても嬉しいでしょう。またOp.122の「2つの装身具のようなエチュード」も演奏されていてこれも聴けます。この曲が弾かれるのはかなり珍しいでしょう。この曲は、Etude-like Trinketsというのがタイトルなので、「エチュードのような小品(小さな装飾的作品)」というのが本来的な意味です。この曲は、実は私が2006年にサントリーホール(ブルーローズホール)で世界初演をしました。その時には、そのようなタイトルに訳してプログラムに載せました。おそらく作曲者はこの英語のTrinketをロシア語のБезделушка("小さな飾り物"の意)を想定して付けたと思うのですが、きっと「バガテル」と同じような意味合いを持たせたかったのだけれどもすでに「バガテル」という作品はある(「10のバガテル」作品59)ので、あるいはバガテルと言ってしまうほど小品ではない?という意図もこめて付けたのではないかと私は考えています。もっとも、カプースチンの「10のバガテル」は先日江本純子さんも演奏しましたが、決して「取るに足らない小さな曲」というものではなく、これはカプースチン独特の謙虚な言い方で、十分に1曲1曲が内容も濃いし難易度も高い曲に仕上がっています。Op.122の2曲のTrinketsは、たしかにそれよりももう少しだけ作品の規模は大きいと考えても良いかもしれません。

説明が長くなってしまいましたが、とにかく貴重な作品がアップされているので嬉しいです。近藤さんのカプースチンの演奏も素晴らしいものだと思います。実は彼女と今年初めて東京でお会いしたのですが、その時に前述した私の2006年のサントリーホールでの世界初のオール・カプースチン・プログラムのリサイタルに当時芸大生だった彼女が聴きに来ていたということを聞き知りました。これには私はびっくり(ぎっくり?笑)しましたが嬉しいことですね。その頃からつながっているということです。

それ以外にも、カプースチンを演奏している動画はもちろん国内・海外を問わず数えきれないほど増えています。先週15日の公開録音コンサートの演奏もそろそろ公開されて観ることができるでしょう。カプースチン作品を通じて、多くの人との出会いも増えてきました。これも嬉しいことですね。ここまで大きく広がったので、近い将来、世界のカプースチン情報をきちんと整理したものにまとめる必要が出てきたように思っています。

カプースチン : 11:29 : comments (x) : trackback (x)
本日、東音ホールにて公開録音コンサート

気がついたら、今日は午後2時から巣鴨の東音ホールにてオール・カプースチンのプログラムによるコンサートの日でした。私自身は演奏しない予定ですが、もちろん行くつもりでスケジュールを空けています。



多くのコンサートの中でも、カプースチンの作品のみのプログラムというのはまだ珍しい機会だと思いますし、今日は7人の演奏家による演奏が聴けるので楽しみな機会です。

カプースチンという作曲家が日本で知られるようになってから、私はこの15年ほどずっとこの作曲家の作品普及に努めてきましたが、ようやく定着してきた感があります。無謀にも、一人でオール・カプースチンのリサイタルを2005年あたりからやり始めたり、まだ出版されていなかった楽譜をずいぶん普及させたりしてきましたが、今や、私自身は他の演奏家を紹介するだけの役割(本日のコンサートなども)でイベントが成り立つというか、それで十分にカプースチンを広める仕事になってきたというのは嬉しいですね。

現在少し残念なのは、日本でカプースチンの楽譜が手に入りにくくなったことです。私が過去に校訂・編集した全音やプリズム、ヤマハ刊で出した十数点のカプースチンの楽譜は絶版になっているそうです。あれだけ苦労して作り上げたのに、出版事情というのは難しいものなのですね。最近すごく多くの人から問い合わせがあるので少し調べてみると、例えば一番人気の『8つの演奏会用エチュードOp.40』などはもう店頭では手に入らず、Amazonでチェックすると、全音版(2004年刊、定価=2,100円+税)が中古で2点出ていましたが、1冊は43,280円、もう1冊が59,983円という値段がついていました。カプースチンの人気が今後まだ高まっていくのは間違いないとすれば、楽譜がこのように手に入りにくいというのはまずいですね。今後またいろんな方の協力を得てなんとかしていきたいと思っています。

カプースチン : 09:07 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<  2015 - 11  >>
COUNTER
total:2511854
today:123
yesterday:830
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX