Main
ドリアードピアノアカデミー2015

5日間にわたるピアノのセミナーが終わったところです!
恒例のヤマハリゾートのつま恋(静岡県掛川)で、大場多恵子先生が主催しているもう15年以上も続いているピアノのアカデミーです。今回も10歳から21歳まで35人の受講生が参加。5人の教授陣からそれぞれ1回ずつのレッスンが一人合計4回まで受けられ、最後にホールにて修了コンサートで演奏するという内容です。優秀成績者には奨学金も与えられます。
このセミナーの参加者から、これまでに日本音コン優勝者や学生音コン優勝者が続出しているのを見ても、非常にレベルの高い若いピアニストが多数参加しているのがわかります。





音楽棟(ミュージックガーデン)のレッスン室からも外のイルミネーションを観ることができるのですが、これは写真では本物の綺麗さが伝えられなくて残念です。この時期には全国各地から学校やスポーツ関連の合宿等で来ているお客さんもかなり多いようで、夜にはこの大掛かりなイルミネーションも楽しみの一つとなっているようです。たくさんの人が入場していました。

さて、昨日の最後の修了コンサートには、東京から昨年の優勝者でもある藤田真央君が駆けつけてラヴェルの『ラ・ヴァルス』を演奏してくれました。





アンコールにクライスラー=ラフマニノフの「愛の悲しみ」をいきなり弾き始める感じはもうプロのアーティストのそれを思わせました。さらにもう1曲スクリャービンのエチュードOp.8-12を弾いてくれました。彼は実は6日前にラフマニノフの協奏曲3番の本番を終えてきたばかりということで、現在大活躍中です。東京音大付属高校のピアノ演奏家コース・エクセレンスコースの2年在学中。大活躍中の彼ですが、師の松山先生は相変わらずご謙虚で…。演奏会では今回のセミナー参加者たち33人がそれぞれ素晴らしいステージを披露してくれました。

演奏会終了後のパーティーで撮った写真から1枚だけ5人のプロフェッサー全員が入っているものがあったので良かったです。


左から松山元先生、私、石井なをみ先生、右からクリスチアン・トカチェフスキ、シュテファン・メラー先生。受講した生徒さんたちも一緒です。
とても楽しく充実したセミナーでした。

ということで、あっという間に12月31日を迎えました。
もうここ数年来恒例となっていますが、年末年始の2日間に辻井伸行君のドキュメンタリー番組が観れます。BS朝日にてそれぞれ2時間の番組です。彼の一年の活躍を知ることができて、演奏映像もかなり入っているものです。

本日夜9時からは、今年元日に放送された『ビートルズの街で弾く至高の旋律』で彼がラフマニノフの3番のコンチェルトを弾いているものです。こちらは私も出演しているので見逃した方はぜひご覧ください。NHK紅白と同じ時間帯ですが、ぜひ録画してご覧ください。

また明日2016年元日には、やはり同じ時間帯で『それでも、生きていく』。自作の音楽も彼の大切な活動の一部となっています。こちらはBS朝日開局15周年記念番組ということです。下に情報を載せておきます。ぜひチェックしてください。

それでは皆さま良いお年を…。

◆BS朝日
12月31日(木) 21:00~22:54
奇跡のピアニスト 辻井伸行
「ビートルズの街で弾く至高の旋律」(再放送)

◆BS朝日
1月1日 元日 21:00~22:54
BS朝日開局15周年記念番組 奇跡のピアニスト 辻井伸行 震災から5年・・・
「それでも、生きてゆく」

雑記 : 08:28 : comments (x) : trackback (x)
ピアニストのライフスタイル

気が付くともう1ヶ月もブログを更新していませんでした。
12月はおそらく誰にとっても忙しい時節かと思いますが、音楽家は特にそうかもしれません。私の海外のピアニストの友人たちは文字どおり世界中を飛び回っている人も多く、自分でニュースレターを世界の音楽仲間たちに配信している人もたくさんいます。中堅の演奏家でもそうですが、特にこれからの若いアーティストは、自身のFacebookページやブログなどで自分の活動や能力を良い意味でアピールしていくことが必須かもしれませんね。

外国人アーティストたちは、けっこう本当に世界中を飛び回っている人も多く、また必ずしも自分が生まれた国に住んでいるわけではなく、アメリカやヨーロッパのどこかを拠点としている人も多いです。日本人演奏家は、けっこう国内だけで完結している仕事スタイルを持つ人もまだまだ多いように思います。確かに、日本だけを拠点にしてもアクティヴな演奏家たちにとっては仕事は忙しいほどあるのだとは思います。

先日も少し書きましたが、ピアニスト辻井伸行のライフスタイルは私から見てもなかなかハードなものがあります。来年は年頭から1ヶ月おきに国内のツアーと海外のツアーが交互に入っているような状況で、飛行機で時差の違う国をあちこち移動するだけでも大変ですが、その中で新しいレパートリーを確実に補充しつつ、過去に弾いた難易度の高いコンチェルト数曲を常に弾ける状態でいなければいけないという状況です。しかし彼は疲れをほとんど見せないし、私自身も彼と一緒にいるとどんなにハードな状況でも全然疲れなくなってしまうのが今でも不思議ではあります

先日、私たち夫婦でたまたま辻井君と某渋谷のイタリアンでお昼を食べていたのですが、そこへ彼のファンという人が一人寄ってきて「辻井さん、今度のオーチャードホールのリサイタル、聴きに行くんです。楽しみにしています。」と声をかけてくれました。お店に来る前に妻が辻井君に「なるべく目立たないお店で食べようか。そんなお店近くにあるかな?」と言うと、彼は「別に悪いことしてるわけじゃないし、隠れる必要なんてあるかな…笑。」ということで、普通にスパゲティを3人で食べていたわけですが。
今や多くの人に愛されているアーティストの一人ですが、その理由が私には分かる気がします。私自身がもう20年来の付き合いになるのに、未だに彼と一緒に時間を過ごしているとビックリすることがたくさんあるのです。まあそれはまた次の機会に書きましょう。

今年も残すところあと1週間ですが、まだまだ私も12/31の夜まで仕事が途切れることがありありません。本当に有難いと言えば有難いことです。明日からは静岡で国際音楽セミナー(ドリアード・ピアノアカデミー5日間)で楽しい外国のプロフェッサーたち、そして新しい若手ピアニストたちとの出会いがあります。とても楽しみです。今日までは大学で冬期受験講習会のレッスンです。

雑記 : 08:55 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<  2015 - 12  >>
COUNTER
total:2511855
today:124
yesterday:830
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX