Main
カプースチンの「作品86」

今日の午前中、今ちょうどベルギーから来日している友人でヴァイオリンのダニエル・ルビンシュタイン氏とコンサートの打ち合わせをしてきたのですが、彼がアンサンブル・メンデルスゾーンで一緒に活動しているチェリストのニコラ・デルタイユ氏もちょうど来日中ということで一緒に会って来ました。

それで分かったのですが、ニコラ・デルタイユ氏は日本人のフルーティスト神田望美さんとピアノの長浜恵子さんと「東京ブリュッセルトリオ」を組んでいてその演奏会シリーズの真最中。現在4回中2回の演奏会が終わったところのようですが、プログラムにカプースチンのトリオOp.86が入っていると言うのです!「一昨日、弾いてきたよ」とか言って。
チラシを見たら本当でした。以下、チラシ(PDF)です↓
http://www.tokyo-bruxelles-trio.com/affiche/2016-JAPAN.pdf

知らないところで、この曲はこんなにもひんぱんに、しかも身近で演奏されているので驚きました。もちろんデルタイユ氏も、昨年私が演奏したこのトリオの演奏をYoutubeで観たとか言っていましたので笑ってしまいました。今日会えたのは本当に偶然だったのですが。

しかもおまけに、彼らと別れたあと大学ヘレッスンに戻ったのですが、とても珍しいことに今日はカプースチンが大好きという佐々木君がフルートとチェロの共演者を連れてカプースチンのトリオOp.86をレッスンに持って来ました。(笑)
一体、なんという日だろうか。(でもとてもよく練習していました。笑)

カプースチン : 19:56 : comments (x) : trackback (x)
充実したコンサートでした!

23日の王子ホールのコンサートは無事に終了しました。
4人の演奏もこの日はまたとても充実したものとなり、当日は満員のお客様にも喜んでいただけたようで本当に良かったです。



私も銀座の王子ホールで弾くのは久しぶりでしたが、あらためて本当に響きの良いホールだということを感じました。ピアノの音も素晴らしい音色で響き、ピアノ弾きにとってもテンションが上がるホールです。通常はどんなホールでも演奏上少なからず何らかの制約があるもの(低音や高音の音量を抑えなければいけなかったり、全体に音が大きくなりすぎないように気をつけたり…etc.)ですが、ほとんど普通どおりに弾いて大丈夫な感じで(そんなことは本当に滅多にないのですが…)とてもリラックスして演奏できました。

今回のシリーズでは3会場すべてチケット完売でしたし、本当にたくさんの方々の協力があってコンサートが成功したのだと思います。
またプログラムにおいては、カプースチンの「2本のフルートと~」の曲が演奏できたことが大きかった(というより、この曲があったからこそ企画できたコンサートでもありました)ですが、全体のコンセプトを大塚茜さんとポールさんが中心になって、バロックから現代作曲家の曲、それにイギリスの作曲家から邦人作品まで、時間的にも空間的にも「Traverse(横断)する」というアイデアで素晴らしい内容を提案してくれたことも大きかったと思います。同じプログラムはもう二度とないと思うので、本当にこのメンバーでこの曲目というのも一度きりの貴重な体験だったと思います。私もアンディ・スコットという作曲家との出合いも嬉しかったですし、まだ今もあの「地の塩」という曲が頭の中に鳴り響いて離れません。(笑)

これまで何十年にわたっていろんなコンサートやイベントを経験してきましたが、今回の企画は私自身にも本当に大きな感動をもたらしてくれました。ポール氏にも感謝です。ポール・エドモンド=デイヴィス氏がどんなアーティストかあまり知らなかったのですが、会ってみると、意気投合してしまって(演奏も、人間も、音楽に対する考え方も…)、本当に彼とは共通する部分が多くて楽しかったです。大塚茜さんとそのご家族にも本当に感謝です。やはり人間として信頼関係を持って繋がるというのは本当に大事ですね。そういうものを大切にする感じというのも私たちの共通する感覚でした。本当に素晴らしいメンバーに恵まれました。大きな幸せを感じています。



また、この演奏会を支えてくださった多くの皆さま方には心より感謝いたします。本当にどうもありがとうございました!!



雑記 : 10:12 : comments (x) : trackback (x)
大阪公演も!

一昨日は大阪での本番も無事終えてきました。
会場は少し小さめでしたが、コンパクトで響きの良いドルチェ楽器の9階のホールで、今回は残念ながら金子鈴太郎さん多忙のため3人での演奏。(ちなみに、彼は福岡公演の翌朝の飛行機で東京に帰って、横浜でレコーディング、その翌日には青森…と超多忙の様子。)
カプースチンが演奏できなかったのがとても残念でしたが、でも、よりフルート2本にスポットが当たった形のコンサートになったのではないかと感じました。





私は当日東京から、茜さんは福岡から移動して大阪に到着。すぐに練習とリハーサルを始めたため、実は茜さんは結局この日お昼を食べ逃してそのままコンサートに突入。よくエネルギーが持ちますね。


この二人は基本的にかなり元気です(笑)

大阪ではドルチェ楽器の社長さんに大変お世話になりました。聞くと、Paulはこれまでにもう5回ほども大阪に来ているのですね。

いよいよ3日後には4人の演奏での王子ホールが本当に楽しみです。
私はエネルギーを充電して臨みたいと思います!

雑記 : 07:34 : comments (x) : trackback (x)
福岡公演終了!!

東京に帰って来たのですが、まだ興奮から覚めてない状況です。久々に自分が演奏したコンサートで自分自身が感動するという経験をしました(笑)。でも会場にいらした満員のお客さんたちも本当に満足してくださったようだし、何よりも、プログラムが思ったよりも充実していたということを、演奏会が終了した時に演奏した私たち自身も感じました。しかも、あのアンコールのピアソラなどは、フルート2本とチェロとピアノ用の楽譜などは本当は存在しないのですが、なんとチェロの金子さんが1ヶ月ほど前にアレンジしてもらったというトリオ(三重奏)用の楽譜データがあって、それを元にして演奏することに決めたのです。本番前日です。その日の夜に私はそのデータをホテルに持ち帰り、PCを借りて印刷し、当日午前中に楽譜を製本して練習にかかりました。そして4人での合わせは直前1回のみ。しかしその演奏が、あれほどの重厚なクオリティになるとは私たち自身が思ってもいませんでした。(笑)


大塚茜さんとポール・エドモンド=デイヴィス氏のリハ風景


終演後、楽屋で。一人変な人がいますが…笑

とにかく、やはり素晴らしいメンバーが揃ったということなのでしょう。久々に喜びが大きくて、これは4人が共通して持った感情だったと思います。ポール氏の若々しいこと!演奏もトークも!彼にトークに加わってもらうというアイデアも直前に生まれたものでしたが(私たちがトークの打ち合わせをしていると、あまりに楽しそうなので自分も喋りたい!と言うのです…笑)、2か国語を交えてのトークなどは異例でしたが、私としても体当たりのステージ・パフォーマンスではありました(笑)。結果として、演奏も含めてまあ出し切れたかな、と思える楽しいステージではありましたが、いやまだまだ行ける!(これは奏者全員の感覚)という気持ちも強いです。

さて次はまず明後日に大阪公演(チェロがいなくて残念!でも素晴らしいステージを演出したいと思います!)、そして23日には王子ホールで4人のコラボの再演となります。さらに充実した演奏を目指さなければいけませんね。
それにしても、カプースチンがきっかけとなってこれほどエキサイティングな経験ができるとは思ってもいなかったですし、人と人が繋がっていくのを見るのは嬉しいものですね。本当に「音楽って素晴らしいな」と感じる瞬間はいろんな機会にあるものですが、また久しぶりの興奮があったことは確かです。今回は未体験の音楽が多かったことも関係しているでしょうが、本当に自分にとっても楽しいコンサートでした。応援してくださった福岡の皆さま、ありがとうございました!!



雑記 : 19:47 : comments (x) : trackback (x)
「2本のフルートの旅」コンサート初合わせ!

昨日は、イギリスから来日したフルートのポール氏を迎えて、明後日から始まるコンサートに向けての初合わせでした。

昨日はメンバー3人のみで初の合わせを約4時間ほどやりました。大塚茜さんとポール・エドモンド=デイヴィス氏の2人のフルーティストにピアノの私、これにチェロの金子鈴太郎さんが加わっての4人公演が福岡(15日)と東京(23日)であり、3人での公演が大阪(18日)というスケジュールです。カプースチンの「ディヴェルティメント Op.91」を含むプログラムは福岡と東京だけになりますが、どちらにしても盛りだくさんのプログラムで、実はピアニストが一番大変な役割を担っています。とにかく楽譜が重たい…。

ポールには昨年夏に初めて大塚茜さんを通じて知り合ったのですが、一緒に共演するのは今回が初めてです。しかし、さすがというか、カプースチンなどはたとえ一流の演奏家でも初めて演奏する場合はものすごく難しいと思うのですが、私の不安は一気に解消しました。昨日は合計10曲ほどにも上る曲を合わせたのですが、もう本当に楽しかったです。こういう気分になることは滅多にないですね。演奏会が本当に楽しみになってきました。



今回の演奏会は、もちろんクラシック作品がメインなのですが、例えばポールがソロで演奏するアンディ・スコットという作曲家の作品はジャズとラテンの要素が強く、ピアノパートもとても難しいのですが(カプースチンをやっていなかったら私も簡単には弾けなかったと思う)、そういう作品もありカプースチンもあって、こういうプログラムのコンサートとしては今回の4人は最強メンバーではないかと思います。チェロの金子さんが合流するのはようやく明日なのですが(彼は忙しすぎる!)、とにかくこの4人でカプースチンを演奏するのが本当に楽しみです!

ちなみに、ポールが昨日話してくれたのですが、昨年末にフルートのコンベンションなどがあって仕事でアメリカに行った時に、カプースチンにあの「フルート・ソナタOp.125」を委嘱したフルーティストのインマヌエル・デイヴィス氏と会って話をすることができたということで、カプースチンにあの作品を委嘱した時のやり取りなど、私がカプースチン本人からも聞いていないレアな話を聞かせてもらうことができました。いろんなところで繋がりができて楽しいし、私は何よりも今回の共演を通じて、ポールはイギリスのカプースチン協会とコンタクトを取ったり、ミネソタ大学のインマヌエル・デイヴィスとも食事の席でカプースチンの話をしたりするなど、カプースチンへの興味を深く持って今回の演奏会に臨んでくれていること、というか、この演奏会自体が実現したのも(もちろん大塚茜さんの意志の力が大きいですが)本当に嬉しいことだと思いました。何よりも、彼と演奏をしていてそれが本当に分かります。もう演奏会本番が本当に楽しみでなりません!

雑記 : 06:45 : comments (x) : trackback (x)
ペルージャ音楽祭のこと

このブログでも何度か話題にしたことがありますが、イタリアの「ペルージャ音楽祭」のことを書きたいと思います。

この音楽祭に私が日本から招かれて初めて参加したのは2011年の夏でしたが、とても充実したプログラムを持つ内容だったので、その後ずっと関わっています。連れて行った学生たちも毎回みな満足して帰ってきています。
音楽祭と言っても、「マスタークラス」(公開レッスンや個人レッスン)と多くの「コンサート」がメインのプログラムで、音楽を勉強しているアーティストの卵たちが世界中から100人以上集まります。一番多いのはピアノですが、声楽もあって期間中にオペラも公演しますし、弦楽器の生徒も参加して室内楽のプログラムもあります。とても多くの音楽を学べる環境が提供されるわけですが、ピアノの学生にとって一番嬉しいのは、やはりコンチェルト(協奏曲)をオーケストラと演奏できる機会があることでしょう。この音楽祭に参加する人は、本人が希望さえすれば誰でも演奏できるので(昨年からは、オーディション制も取り入れて2回共演できる人もいる)、とても貴重な経験を積むことができます。将来、ピアニストを目指している人にとってはなかなか願ってもない機会だと思います。皆さん若いのに、リハーサルで指揮者らと対等にやり取りしたり、アーティスト然とした行動をとる人もいます。また、本番に向けてのプロセスなども勉強できて得るものが大きいと思います。

日本人の学生にとっては、英語を喋らなければいけないことが障壁といえば障壁ですが、これも考え方で、これを機会に本格的に英語を身につけようと思えばこれほど素晴らしい機会はないのだし、自分も生き生きと振る舞えるし、外国人の友だちもたくさんできます。だいたい多くの外国人は日本人の想像を超えて英語をけっこう喋れます。みんな本当に良い人たちが多く、そんな素晴らしい仲間たちと知り合えるというのも大きな魅力でしょう。

私自身も、今年は8月11日~23日に行われる「第2セッション」の方に参加する予定ですが、ぜひ多くの音楽を学ぶ学生たちにこの音楽祭のことを知ってほしいと思って書きました。いつも連れて行けるのは自分の生徒が中心なので、それだけではもったいないので(笑)、今後たくさんの方が参加されると良いと思います。
ちなみに、今年の申し込みは4月末までですので、今年参加したいと思う人にもまだ検討する余地はありそうです。今年からペルージャ音楽祭は、イタリアのペルージャ本拠地以外に、アジアのいくつかの都市でも衛星開催地として夏以外の時期にイベントを展開し始めるなど、現在まだ発展を続ける音楽祭です。興味を持たれた方は、ぜひいつでもご相談いただければと思います。
(このブログの2011年8月から、ほぼ毎年8月の記事でペルージャ音楽祭について書いています!)

ペルージャ音楽祭のサイトは最近リニューアルされました。
以下をご覧ください↓
→ペルージャ音楽祭のウェブサイト(英語)

「Registration」をクリックすると、参加申し込みに必要な事項や演奏できるコンチェルトのプログラム等が分かります。
また「Faculty」のボタンをクリックすると、世界からこの音楽祭に集まってくる教授陣(レッスンを受けられる先生)のリストやプロフィールを見ることができます。

雑記 : 11:11 : comments (x) : trackback (x)
『カプースチン祭り2016』チケット発売開始!

5月3日(火・祝)に開催する『カプースチン祭り』の第二部・第三部演奏会のチケットがカンフェティwww.confetti-web.com/で3月3日から発売開始になります。(第一部コンサートは無料!)
カプースチン協会ページからもチケット申し込みができます。また、出演者等からも購入することができると思います。

バラエティに富んだ第一部コンサートのプログラムをここに紹介します!

◎第一部13:00開演
■シンフォニエッタ Op.49より 第1楽章「序曲」(牧野 美智代&小原睦子)
■ 8つの演奏会用エチュードOp.40より 第5番「冗談」、24のプレリュード Op.53より 第24番(紀平 凱成)
■10のインヴェンション Op.73より 第10番 ヴィヴァーチェ(嶋村 等)
■ピアノ・ソナタ第1番 Op.39より 第1楽章、8つの演奏会用エチュードOp.40より第8番「フィナーレ」(澁谷 愛理)
■ピアノ・ソナタ第1番 Op.39より 第3楽章(百々 直子)
■アンダンテ Op.58(宮尾 幹成)
■変奏曲 Op.41(横井 彩乃)
■ 8つの演奏会用エチュードOp.40より 第7番「間奏曲」、24のプレリュード Op.53より 第14番(白井 貴光)
■ピアノ・ソナタ第13番 Op.110より 第4楽章(黒岩 白雪)
■シンフォニエッタ Op.49より 第1楽章「序曲」(Rhythm trick)
■シンフォニエッタ Op.49より 第4楽章「ロンド」(重谷 萌瑠&小新田 銀河)
■8つの演奏会用エチュードOp.40より 第1番「プレリュード」、第2番「夢」(齊藤 珠乃)
■ピアノ・ソナタ第12番 Op.102より 第2楽章(辻 陽介)
■夜明け Op.26、ドゥヴォイリンの主題によるパラフレーズ Op.108(松井 春樹)
■8つの演奏会用エチュードOp.40より 第3番「トッカティーナ」(鈴木 晴子)
■8つの演奏会用エチュードOp.40より 第6曲「パストラール」 第8曲「フィナーレ」(伊石 有里)
■3つの即興曲 Op.66より 第3番(佐々木 大智)
■ピアノ・ソナタ第14番 Op.120より 第2楽章(貝賀 直樹)
■ピアノ・ソナタ第14番 Op.120より 第1楽章、第3楽章(植松 洋史)

◎第二部16:00開演
第二部では、「カプースチン・ヒストリー」と題して、日本にカプースチンが広まる最初のきっかけを作った濱川礼氏、カプースチンに作曲へのさまざまな動機を与え続けた等の功績を誇る高沖秀明氏のお二人を迎えて、これまであまり知られることのなかったカプースチンとの接触やいきさつ、またここで初めて公開する映像やお話を交えて、カプースチンの人間像と音楽の秘密に迫ります。

イベント最後を締めくくるのは第三部のコンサートです。
下に第三部スペシャル・コンサートのプログラムを紹介します。

◎第三部18:00開演
■夜明け Op26、アリー・バロッソのブラジルの水彩画によるパラフレーズ Op118 ---松本伸章
■10のバガテルop.59より ---江本純子
■子守歌 op.65 ---森 浩司
■変奏曲 op.41 ---米津真浩
■デイジー・ガレスピーの”マンテカ”によるパラフレーズop.129 (連弾) ---森浩司&米津真浩
■異なる音程による5つの練習曲op.68 No.3,5 ---金子 泉
■24のプレリュード op.53 No.7,12,17,18 ---脇 絢乃
■ピアノ・ソナタ第8番 op.77 ---西本夏生
■シンフォニエッタop.39より第1楽章、第4楽章 ---近藤 由貴&川上 昌裕

このイベントの情報、チラシの内容その他の詳細はカプースチン協会のサイトでご覧になれます。
カプースチン協会

カプースチンをまだあまり聴いたことがない人にとっても、きっと素晴らしい出会いの日になることでしょう!
多くの方々のご来場をお待ちしています。

※今日知ったのですが、すでに発売になっている「モーストリー・クラシック4月号」に私が3月に共演するフルートの大塚茜さんの大きなインタビュー記事があって(p.111)、カプースチンの「2本のフルートとチェロとピアノのための~」を初演するコンサートだから、もちろんカプースチンのことも大きく取り上げられていました。嬉しかったです!

カプースチン : 18:59 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<  2016 - 03  >>
COUNTER
total:2389969
today:223
yesterday:868
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX