Main
カプースチンのピアノ協奏曲

カプースチンはもうすでに有名な作曲家と言って良いでしょうが、彼のピアノ協奏曲についてはまだあまり知られていません。先日5月3日のカプースチン祭りの第二部で、高沖氏とのトークで珍しくカプースチンの「ピアノ協奏曲」が中心的話題になったことを除けば、これまであまり多くは語られてこなかったと思います。

カプースチンの作品には、『コンサート・ラプソディ 作品25』などピアノとオーケストラが一緒に演奏する曲がいくつか存在しますが、この作曲家が「ピアノ協奏曲」と名付けた作品は全部で6曲です。1961年作曲のピアノ協奏曲第1番から1993年作曲の第6番まで、すべて20世紀中に書かれた作品ですが、これらはまだあまり頻繁に演奏されていません。

第2番Op.14(1972年作曲)は、カプースチン自身のソロによる録音(レコード)が存在したのでよく知られていると思います。
第4番Op.56(1989年作曲)は、L.アンゲロフが2008年に世界初演+放送録音を果たしています。
第5番(1993年作曲)は、N.ペトロフがモスクワで世界初演を含めて2回演奏していますが録音は残っていません。
一番新しい第6番(1993年作曲)は、私自身が2013年に東京・紀尾井ホールにて世界初演しました。

残る2曲のうち、第1番は1961年に作曲された作品ですが、2012年に作品147という番号が新たに振られて改定版が出ました。この曲は、どちらにしてもまだ知られていない作品ではないかと思います。
そして第3番(1985年作曲)ですが、これもまだ演奏されていないコンチェルトの一つです。曲の規模が大きく全部で三つの楽章からなり、編成はコンチェルトの中では一番大きく、オーケストラ+ビッグバンド(!)+ソロピアノというものです。弦楽器群を少なめに設定しても最低70人以上の演奏者が必要です。この曲は、作曲者自身によると「私の一番の傑作なのに、まだ誰も弾いてくれない…」ということです(笑)。この曲に関しては、作曲から30年以上が経ちますが、これまでまだ誰にも演奏されていないのです。

そして、このカプースチンの『ピアノ協奏曲第3番』の世界初演が、ようやく実現に向けて動き出しました。私にとっても大きな挑戦となりそうです。
このコンサートについては、今後さまざまに宣伝がなされていくことと思いますが、まずさっそくここに告知しておきたいと思います。

日時:2016年11月6日(日)14時開演(予定)
場所:東京音楽大学100周年記念ホール

今年度の東京音楽大学の芸術祭の最終日の「プレミアム・コンサート」のメインプログラムになります。学生たちが主体となって毎年オリジナル・イベント(コンサートを含め)を企画していますが、今年はカプースチンの協奏曲第3番がプログラムに加わることになりました。
私にとっても、カプースチンのピアノ協奏曲を演奏するのは4番、6番、3番ということでもう3曲目になります。東京音大の学生たちはおしなべて演奏レベルが高いですし、若い感性がみなぎっているのでもう本当に楽しみです!カプースチンの初演にまさにうってつけの環境が現れました。私自身にとっても、これまでの演奏活動の中でも大きな位置を占めるものとなりそうで、大きく宣伝したいと思っています。

このコンサートのチケット入手方法など、詳細はまた追って告知させていただきたいと思いますが、歴史的なイベントになるよう、私の努力としてはとにかく「練習あるのみ」…です。頑張ります。

カプースチン : 20:06 : comments (x) : trackback (x)
今、辻井君の演奏聴いています!

たまたま、午前中自宅にいるので辻井君のミネソタ・ベートーヴェン・フェスティバルでのコンサートの生演奏をインターネットで聴いているところです!

今ちょうどベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番を弾いているところですが、もう目の前で弾いているようなライヴ感覚です!マイクを通じて聴かれる音はどの楽器の音も鮮明ですし、演奏もすばらしい!場所はミネソタ州のWinonaですから、日本とは14時間の時差ですが、そのギャップが全然感じられない。今ここ目の前で演奏されているような錯覚を呼び起こします。

コンサートが始まる直前からちゃんと実況中継的にトークが入って、辻井君のインタビューも入れたりしながら、生放送としてきちんと演奏会の流れに従ってアナウンサーが語っているのが素晴らしい。このインターネット中継自体が一つのショーになっているのがすごいです。(1曲目の「コリオラン序曲」が終わって、次のピアノ協奏曲第3番が始まる前にピアノがセッティングされソリストの辻井君がスタンバイして、オケの最初の音が鳴り始める1秒前にちょうどトークが終わるようにアナウンサーが喋っていたのがスゴイと思った。)

雑記 : 10:10 : comments (x) : trackback (x)
辻井伸行のアメリカ公演が生中継!

たった今、アメリカから連絡が入りました。

辻井伸行✕オルフェウス室内管弦楽団の現地コンサートがインターネット生中継されるようです。
二回の公演はどちらも日本時間で朝のようですので、時間が合えば聴ける人もいるのではないかと思います。

情報を以下に載せておきます。
それぞれのURLをクリックしてください。(ストリーミングするにはボタン(おそらく"LISTEN"とか"PLAY"とあるボタン)をクリックすれば聴けるのではないかと思います。)

◯ミネソタ・ベートーヴェン・フェスティバルでの演奏
曲目:ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番
現地(米国中部)時間 6月25日19:30開演(日本時間=6月26日09:30)
http://www.classicalmpr.org/blog/classical-notes/2016/06/21/on-the-air-this-week-70

◯ニューヨーク、セントラル・パーク(野外コンサート)での演奏
曲目:ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
現地(米国東部)時間 6月28日19:30開演(日本時間=6月29日08:30)
http://www.wqxr.org/#!/
(こちらは野外コンサートでPAを入れるそうです!)

雑記 : 22:05 : comments (x) : trackback (x)
作曲するピアノ科学生!

私のピアノの門下生で現在大学4年の増井咲さんは、なんと作曲の方面で才能を発揮し始めています。一度ピティナのミュッセから編曲作品が出版されたことがあって紹介したこともありましたが、6月初め頃の佐々木邦雄先生の主催するジョイントコンサートで、自作曲を4曲披露したようです。そして、それは私もレッスン時に作曲の途中で何度も聴かせてもらったのですが、絵から受けたインスピレーションで音楽を生み出したもので、4枚の特徴的な絵(自分で選んだという)からそれぞれ浮かび上がってきた音楽が作曲されたということです。私が驚いたのは、その絵のイメージから音楽(ピアノ曲)を創ってみようという発想それ自体もそうですが、4曲それぞれの音楽の違いというかジャンルの幅広さ、特に彼女がジャズにこれほど通じているとは知らなかったのです。(ちなみに増井さんはカプースチンをレッスンに持って来たことはまだありません。)曲の完成までは、もちろん佐々木先生や大学で作曲の藤原先生あたりからいろいろアドバイスしてもらったとは思いますが、独学で勉強した部分もかなり大きいと思います。自分のものにしている音楽の幅広さにビックリしました。これは普段ピアノの演奏を聴いているだけではわからなかった部分ではあります。

すでに先日の演奏会の演奏がYoutubeにアップされていましたので、1曲目のURLだけ紹介しておきます。(他の曲へはその後リンクできます。)
https://www.youtube.com/watch?v=L8F35CCuJ7g

4曲の元になった絵をここに載せることができないのが残念ですが、4枚の絵は私も見せていただきましたが、作者もジャンルも雰囲気もそれぞれまったく異なった絵で、それに合わせた音楽的発想と多様さがなかなかスゴイと思うのです。曲も良いですし。どこでそんな才能を身につけたのか…純粋に驚きます。

ちなみにそれぞれの絵の作者とタイトルは以下です。
1.サルバドール・ダリ『記憶の固執』
2.ピエト・モンドリアン『コンポジション 第8番』
3.村上隆『Tan Tan Bo Puking-a.k.a. Gero Tan』
4.俵屋宗達『白象図』

ちなみに私は2曲目と3曲目が好きです。4曲で20分近くにもなる音楽を作曲できたという実績は、すでに作曲家の入り口に立ったと言って良いのではないでしょうか。増井さんは、明日は映画音楽をピアノにアレンジしたものを弾く本番があるとか、また来月には銀座の三越で演奏する予定がありそこでも自作を弾く機会があるなど、自分のピアノで仕事ができる場を作っていっているのは素晴らしいことだと思います。

私の門下生には、他にも独自の活動を展開し始めている人たちがけっこういます。ピアノが弾けることを一つの武器として、他の才能をいくつか組み合わせて、それらを融合して仕事にしていく、あるいは新しい仕事を創っていく人がこれからどんどん出てくることでしょう。

雑記 : 21:58 : comments (x) : trackback (x)
辻井君とゲルギエフ

ここのところ超過労働的なスケジュールが続いていてバテバテです。先週の辻井伸行君のオルフェウス室内管弦楽団とのサントリーホールの公演には誘われていたのに、結局私は仕事多すぎて行けませんでした。今回は私も思い入れの強かったベートーヴェンの協奏曲3番を新レパートリーに加えたばかりのシリーズだったので、ぜひ聴きたかったのですが…。
サントリーでのコンサートは大成功だったようで嬉しく思っています。

たまたま先週のある朝、ゲルギエフの半生について書かれた本を読みながら音大に出勤すると、そこに来月号(7月号)の「ぶらあぼ」が置いてあって、見ると表紙がゲルギエフだったので手に取りました(笑)。そして1ページ目を開くと、そこは見開きで辻井伸行君の10月のコンチェルトの演奏会の大きな宣伝ページでした。二人が今月は日本の音楽界の中心で活躍しているような錯覚さえ覚えました。



ゲルギエフのほうは10月に日本でマリインスキー・オペラによるオペラ公演。インタビューもあったので読みました。辻井君は10月末~11月のヨーロッパ室内管との国内コンサート・ツアー『極上のモーツァルト』シリーズの告知。彼はその前の10月中にはアシュケナージとのオーストラリアのツアーもあるので、今回こそはそれをめがけてついて行きたいと思ったりもしていますが…。
ちなみに辻井君ですが、今週はそのオルフェウス室内管とアメリカ公演中です。彼はこのようにとても忙しそうに活躍していますが、実は年間スケジュール的にはオフの時期もけっこうあって、一年をとてもうまく過ごしているように思います。私も見習いたいです。

この4月にサンクト・ペテルブルクへ行った時に、ゲルギエフの素顔に触れることができたのは素晴らしいことでした。それまで漠然と抱いていた印象とは全然違って、彼は物腰が柔らかく思いやりがあって優しい人です。やはり、こういう人が多くの物事を動かすことができるのだなと合点がいきました。食事を御一緒させていただいたのですが、普通にウォッカを飲みながら食事で一日の疲れを取り、食事中は何十局という放送が観れるテレビの国際ニュースをチェックしながら歓談…という感じで時を過ごしました。彼は刻々と変わる世界の情勢にとても興味を持っているということがわかりました。今年は日本へ二回来ることになっていると言っていましたが、まず夏はオペラ。マリインスキー劇場が世界的に有名になったことはもとより、ロシアのそれまでその真価が伝わりきれていなかった作曲家や作品、またロシア・オペラをこれだけ世界に認識させることに成功したゲルギエフの力は本当にすごいと思います。

雑記 : 22:12 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<  2016 - 06  >>
COUNTER
total:2336489
today:70
yesterday:1126
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX