Main
現代曲をCD録音すること

カプースチンのピアノ作品全曲録音と銘打って始めたCD録音のプロジェクトですが、やってみていろいろ感じることがあるものです。はっきり言えば「なかなか大変だな~」という感想になるわけですが、なぜそうなのかが解ってきました。

実は私自身、これまでカプースチンをいわゆる「現代曲」とは認識していなかったし、多くのカプースチンファンもそうは思っていなかったと思います。音楽はだいたいノリが良く、明るい曲想も多いし、ポピュラーミュージックのようなキャッチーな部分もあります。そしてもちろんジャズ的な要素も多いわけですが、それはカプースチンの音楽ではもう有名な話でしょう。そして多くの人が言うようにカプースチンは「難解」で「技巧的」という要素も確かにありますが、CD録音の準備をしていると、これは何よりも「正真正銘の現代曲であるな」というのが私の最近感じている率直な印象です。難解な現代曲を、しかも音源の存在しない新曲を高いクオリティで準備するというのはそれなりに大変なものを感じます。

考えてみれば、これまでセリー音楽や現代曲をいろいろ弾いてはきましたが、メシアンにしてもシェーンベルクにしても、あるいはリゲティを弾くにしても何らかの音源を参考にしてさらっていたことに気がつきました。なので、まったくのゼロから譜読みをし、自分で解釈を施し、新しい未知の音楽に取り組む機会というのはあまり多くはなかったかもしれません。例えば邦人作曲家の新作を初演で披露した経験などはありますが、カプースチンに匹敵するような内容を持った新しい作品を次々に仕上げるという経験はなかったと思います。また、CDに残すというのは大きな責任もありますので、1曲でもちゃんと仕上げるのは大変だなと私も感じているところです。

私自身は、いわゆる現代曲に関してそれほど広いレパートリーを誇るわけではありませんが、いくつかの他の近現代の作曲家の難解な作品に取り組んできたことは大いに役に立っていると感じます。やはり、ひととおり同時代の作曲家に至るまでのいろいろな作品に通じていることは大事なのではないでしょうか。音楽的経験が広ければ広いほど、カプースチンの曲を理解できる可能性も高くなると思います。それはジャンルを問いません。現代までのあらゆる音楽についての広い経験が役に立つと思います。なので、もちろん私が録音した後にも、また全然違う解釈でカプースチンの新しい作品を録音する人が出てくることが今から予想されますが、それらは将来とても貴重なアーカイブになっていくことでしょう。カプースチン作品は20曲のピアノ・ソナタに限らず、どの曲をとってもそれぞれ内容が深いもので、ただ楽譜が読めるというだけではとても弾けるものではないということがだんだんわかってきました。ジャズの要素を知るだけでもダメ、音楽的なセンスが良いだけでもダメ、総合的な音楽力というか、感性と知性の両方から深くアプローチしていかないと曲がそう簡単には仕上がらないというのがよくわかってきました。

話は全然変わりますが、この3月末でリサイタルの全国ツアーを終えたばかりの辻井伸行君は、今回弾いたカプースチンの『8つの演奏会用エチュード』全曲を含むリサイタル・プログラムを8月のドイツでも演奏するということが先ほどわかりました。これもなかなか大きなニュースですね!まだ生演奏でこのエチュードをリサイタルで弾く人は少ないのですから。

カプースチン : 11:12 : comments (x) : trackback (x)
『羊と鋼の森』映画予告編!

本屋大賞も受賞しており、ピアノ調律師が主人公の小説『羊と鋼の森』が映画化されることが発表されました。
私がここにそれを書いているおもな理由は、もちろん映画のエンディング・テーマの作曲とピアノ演奏が久石譲✕辻井伸行だと知ったからですが、辻井君からも連絡はもらっていたので、その後原作も読んでみました。原作の小説は宮下奈都さん。なかなか面白く、読むとピアノ調律師に対しての意識も変わりますから、特にピアノを弾く人は読むべきかと思います。あるいは映画を観ると良いかもしれません。

以下のニュースのサイトではコメントも全文読めますし、映画の予告編も観ることができます。音楽も一部聴くことができます!

山崎賢人『羊と鋼の森』予告編!久石譲×辻井伸行がエンディングテーマ<コメント全文>

6月公開ということですが、これは絶対良い映画に違いないと思います。
楽しみですね。(それにしても辻井君はいろんな良い仕事をこなしていますね…!)

雑記 : 18:28 : comments (x) : trackback (x)
引き続きの近況

辻井君の全国ツアーが続いていますが、先日の大阪公演が終わったあたりからどこからともなく私のところにも反響が聞こえてきました。カプースチンの反響が衝撃的なほどですね。
なるほど、考えてみれば大阪はカプースチン受容史的に見ても重要な存在を占めてきただけあって、やっぱり理解も早く反応も活発なのでしょうか。また、後半戦は辻井君の演奏にもますます磨きがかかってきているのではないかと想像できます。

まだリサイタル・ツアーは4公演ほど残っていると思いますが、それとは別に今日は下野竜也さん指揮でグリーグのコンチェルトを弾いているはずです。とにかく忙しいピアニストです。

さて私の近況はと言えば、数日前にようやく約7万字の本の原稿をほぼ書き上げたところです。論文と書簡をずいぶん読み返しました。まだまだ一息つけるような状況ではありませんが、出版物の発売については近いうちに皆さんにも具体的なことをお知らせできる時が来ると思います。

それとともに、カプースチンの「ピアノ曲全曲録音」シリーズ第2弾の録音も間近です。1月末にリリースされた第1弾がお陰様で「レコード芸術」3月号の特選盤に選ばれたばかりですが、休む暇もなく次のCDの録音日がもう1ヶ月を切っています。また世界初録音の曲も含まれるので現在奮闘中ですが、日々これ発見の連続でもあります。カプースチンの楽曲解釈には曲への深い洞察が必要なのです。
とにかく、今回はCD発売記念イベントをやる暇もないようなスケジュールでしたが、Vol.2が出る時にはぜひ何かやれたら良いなと思っています。

雑記 : 14:01 : comments (x) : trackback (x)
辻井伸行サントリーホール2日目終了!

「辻井伸行リサイタル」は2日連続のサントリーホール公演も昨日無事に終了しました。




サントリーホールのバックステージもすっかりおなじみの場所になりましたね。

今回プログラムで初めて取り上げたカプースチンの『8つのエチュード』(全曲)もまずまず評判良かったようです。
このエチュードは本当は弾くだけでも大変な曲なのですから…。(ここだけの話ですが。)

アンコールにまたショパンが聴けたのも美しい時間の共有だったし、2曲目にはカーネギーホールで初披露した自作の懐かしい『ジェニーへのオマージュ』を演奏してくれたのも気の利いた選曲でした。


昨日の夕食はサプライズ&ハプニングだらけで大騒ぎに盛り上がってしまいましたが、本当に楽しいひと時で、5時間があっという間に過ぎました。




お店が伸行君をこんなに祝福して待ってくれていたとは!(誰も予想していませんでした。後ろのクマは約2メートル。そしてこのケーキは巨大!)


私たちがお祝いしているように見えますが、これはすべてお店からのサプライズとお祝いの演出なのでした。凄かった。

そして、お店にはいつ子さん(伸行君のお母様)の親しい仲間の方々が偶然居合わせて、ほぼずっと大騒ぎ。(笑)
あれほどの宴会は私も久しぶりでした。
有意義な出会いもあったし、素晴らしい一日となりました。

とりあえず、伸行君のリサイタル・ツアーもこれで前半が一段落。
一日休んで、また明後日から後半が始まって月末の沖縄公演まで続きます。

雑記 : 23:43 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<  2018 - 03  >>
COUNTER
total:2762536
today:76
yesterday:886
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX