Main
ショット社訪問!

一昨日ヨーロッパに入ったところです!
今回はフランクフルト空港から直接マインツのショット本社を訪問しました。昨年に続き2回目の訪問です。ヨーロッパのハブ空港と言われるフランクフルト空港から電車で25分というのは、マインツは考えてみればかなり便利な場所に位置しているとも言えますね。




さっそくショット社に到着すると、正面玄関でカプースチンを紹介しているパンフを発見!

1年前に訪問して以来、私が一緒にカプースチンの楽譜の校訂の仕事をさせていただいています。カプースチンの出版でお世話になっているロベルトさんと再会し一緒に打ち合わせをしました。やはりときどき直接に会って情報交換するのはつくづく大事だと思いました。
ショット社は、特に昨年はカプースチン80歳記念の年ということもあって、カプースチンの未出版だった作品をかなり頑張って出したということでした。もちろん今年も続けて新しい作品を出していきます。これからの半年間で8点の作品が出版されることはすでに公開されていますが、その後の予定と来年に向けてのプロジェクトについてもお聞きしました。ショットはカプースチン作品を全部出版していくという目標は変わらないようで、それもあらためて確認できました。引き続き、もちろん私も緊密にこのプロジェクトに関わっていく予定です。


ショット社内の階段ホールの飾り棚に大量のカプースチンの楽譜
ロベルトさんと

昨日はやはり話が盛り上がってロベルトさんの上司も交えて3人で一緒に食事に行きました。


ウィーンに長く住んでいたので「ウィーン風カツレツ」は今も好物です。



実は昨日はそのロベルトさんの上司ドクター・モアスさんの誕生日だったのです。私はビックリして「え~?!今日は私も誕生日なのです!!」と言うと、「えー!そうなの?!何という奇遇!(もちろんここで私たち二人は握手をする(笑) あとリゲティもだね!」という会話から始まったのだから盛り上がらないはずはないのですが、とにかく会うたびに彼らとは膨大な量の情報交換ができるので、今後は毎年一度はマインツを訪ねようと思いました。カプースチンの楽譜出版はまだ数年間は活発に続くことは間違いありませんし。昨日は、楽譜や自筆譜のお土産もまたたくさんもらってしまいました。


グーテンベルク広場を望む場所にあるレストランで気持ちが良かったです。
でも、ドイツがこんなに暑いとは考えていませんでした!真夏日でした。

雑記 : 14:31 : comments (x) : trackback (x)
辻井伸行、カプースチン…etc.

先日コンチェルトのツアーが終わったばかりの辻井君に会ってきましたが、彼はすでに休む間もなく次のレパートリーと格闘中です。でも全然「格闘」している雰囲気はなく、いつものようにリラックスして人生を楽しんでいるように見えます。これを見習わなくてはなりませんね。

昨日などは、『内緒のスケジュールですが「ロイヤル試写会」があって…』という話を直前に聞いていたのですが、「何だろう?」と思っていたら映画『羊と鋼の森』の試写会に天皇皇后両陛下もお越しになられていたとのことです。辻井君はこの映画にピアノ演奏で関わっているので、昨日のイベントにも参加し、両陛下と一緒に大きく写真に写っており、それは検索してみると確かに昨日のニュースですでに流れていました。また、辻井君は6月13日(水)にはサントリーホールでこの映画のお披露目のための特別コンサートも行なうようです。

彼は6月後半にはサンクト・ペテルブルクのゲルギエフとのオファーも来ており、急遽ロシアに行くことも決まったのですが、今回は私も本当について行きたかったのですが自分のスケジュール的にどうしても無理でとても残念なのです。エイベックスのマネージャーさんにも「だって川上さん、ロシアで辻井君がカプースチンを弾くのですよ」とは言うものの、ゲルギエフとの仕事はいつも直前で決まるので予定が立てられないのです。今回も辻井君が共演するピアノ・コンチェルトがどの曲になるかはまだ決まっていないので、彼は何曲もあるレパートリーをすべて準備しておかなくてはなりません。おそらくまた本番の数日前に曲が指定されるのでしょう。それでも、彼に対してはゲルギエフは特別に優しいようで、ロシア人アーティストに対してはもっと厳しい要求がなされることもあるそうです。(マネージャー談)

でも、ゲルギエフは遠くから眺めているだけでは誤解する人も多いようなのですが、実際に会ってみると本当に人間的でとても優しい人です。以前もどこかに書きましたが、あのマエストロの一般的な印象と実際の人間ゲルギエフとのギャップは甚だしいものがあります。私は実際申し訳ないほど面食らいました。素晴らしい人格の持ち主です。心から尊敬する人の一人です。

本当にこんな機会はあまりないと思うので、彼のコンサートに絡めて今回一緒にロシアに行きたいのですが、でもやっぱり無理かな…。また、実は同じ時期にヴァイオリンの三浦文彰さんも演奏の仕事でサンクト・ペテルブルクへ来るそうで、彼のスケジュールはエイベックスも辻井君も知らなかった(別ルートからの仕事?)ということですから、三浦君も本当に広い人脈があって世界で大活躍しているということがわかりますね。

少なくとも、辻井君が今回サンクト・ペテルブルクでカプースチンの『8つの演奏会用エチュード』Op.40全曲をリサイタルで弾くのは事実です。ひょっとしたらロシアの他の都市でも弾くかもしれません。また、8月にはフランスとドイツでもこのエチュード全曲を含むリサイタルをする予定だそうです。カプースチンを世界に広めてくれて私も嬉しいです。

話は変わって、カプースチンを愛する皆様方から待たれておりました次回の「カプースチン祭り」の企画もようやく動き出しました。来年2019年にまた開催することは決まりましたが、具体的にどの時期になるかはまだ未定です。次回は新たな奏者にもたくさん集まっていただきたいと思っています。次回カプースチン祭りに興味をお持ちの方は、ぜひご一報をいただければ嬉しいです。

雑記 : 07:40 : comments (x) : trackback (x)
辻井伸行✕三浦文彰withペトレンコ

今日はサントリーホールへ行ってきました。



最近はもう辻井伸行君の新しい国内ツアーがあるたびに必ず東京公演には訪れるようになりました。今回のツアーはヴァイオリンの三浦文彰さんと二人でそれぞれソリストを務め、ワシリー・ペトレンコ率いるリヴァプール・フィルハーモニーとコンチェルトを弾くというコンサートです。



今日の公演では辻井君はグリーグ1曲のみでしたが、Bプロでは彼が一人でラフマニノフの『パガニーニ狂詩曲』とチャイコフスキーの『第1番』の2曲のコンチェルトを弾くという、ピアニストにとってはとんでもなく大変なプログラムを抱えて全国を回っているようです。

でも1回1回心をこめて弾いているのが今日の演奏でもわかりますね。しかも昨日は大阪でそのBプロを弾いてきたばかりだというのに…。ちなみに計算してみるとBプロはその2曲で60分を超えているではないですか!まあ働き過ぎというか、ピアニストとしては常に最高レベルのモードで走っているという感じです。確か、先月末にはリヴァプールでショパンの2番も弾いているはずだし、先週はまたアシュケナージとモーツァルトの21番と26番の2曲も弾いてきているわけですから、1ヶ月弱の間に違うコンチェルトを6曲も弾きまくっているわけです。そしてこのツアーが終わるとまたすぐヨーロッパへ行くというスケジュールです。オーストリアではラヴェルのコンチェルトを弾くというからほぼ1ヶ月の間に7曲になりますね。

これを坦々とこなしていっているのはとにかくすごいことだと思います。
それから辻井君がピアノ演奏を担当している映画も近々始まりますね。すでに映画館では予告編も流れているようです。今後の大活躍を応援し続けたいと思っています。


終演後に1枚!

雑記 : 23:07 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<  2018 - 05  >>
COUNTER
total:2818433
today:283
yesterday:584
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX