<< NEXT Main BACK >>
ウィーンから

ウィーンに長く住んでいた人は、皆「ウィーンは私の第二の故郷です」とはよく言うことですが、私たちも7~8年住んでいたのでとても愛着のある街なのです。ここ最近はずっと訪れていなかったのですが、「やっぱりウィーンはいいな~」とあらためて思いました。私たちが住んでいた頃からずっとウィーン在住の友人たちからは「ぜひまたウィーンに帰ってきてくださいよ」などと言われたりしました。

昨晩はウィーン楽友協会「黄金のホール」(ムジークフェライン大ホール)で指揮者の佐渡裕さん率いるトーンキュンストラー管弦楽団の演奏会があり、辻井伸行君がラヴェルのコンチェルトで客演しました。6月2日からウィーン以外の町で2回、ムジークフェラインで一昨日に1回あって、昨日が全4回公演の最終日でした。



プログラムはハイドンの交響曲から始まり、2曲目に辻井君が登場してラヴェルのピアノコンチェルト。第1楽章は超快速なテンポで、第2楽章はゆったりと歌い上げ、第3楽章は壮絶な推進力で佐渡+辻井ならではのエキサイティングな演奏が展開されました。
そして、コンチェルトの後のソリストのアンコールで辻井君が弾いたのは、なんと・・・カプースチンのエチュード(Op.40-1)でした!もうビックリです。ウィーン楽友協会の大ホールという世界の大舞台であの曲を突然披露するとは!
前日に辻井君が私に「今回はソリスト・アンコールを弾かせてもらえるんですよ」と言うので「あー、それは良かったね。何を弾くの?」と訊くと、「いえ、それはまだ決めてないです」というので、「あーそうだね。いつもそうだものね。」と私は返事をしてそのことは忘れていたのです。なので、アンコールが始まった時はまったくの不意打ちで、最初の1小節を聴いても一瞬何が始まったのか分からなかったほどです。その曲を聴いていた約2分間は本当に心臓が飛び出そうでしたが、ひょっとしたら辻井君から私へのプレゼントだったのかもしれません。カプースチンのエチュードを弾き切った瞬間、会場は異様に沸きました。それも本当に嬉しかった。私自身も我を忘れて声を上げてしまいました。
そして、それで終わりかと思ったらアンコール2曲目としてドビュッシーの『月の光』を弾いたのです。これも効果的な選曲でした。というか、普通はソリスト・アンコールは1曲しか弾かないものですが、最初からこの2曲を弾こうと決めていたのかどうかを知りたかったので後で辻井君に訊いてみました。すると、実はカプースチンを弾いた直後に舞台袖で佐渡さんに「一昨日アンコールで弾いた『月の光』も聴きたいなあ~」と言われて、急遽2曲目のアンコールとして弾いたということでした。(ちなみに全4回公演の内、カプースチンを弾いたのは昨日だけだそうです。)


熱気に包まれ、ウィーンの聴衆たちはなかなか会場を去ろうとしませんでした。


終演後の伸行君


サインの対応で最後まで忙しい佐渡裕さん
日本からのファンも多かったようです。

4日間の公演がすべて無事に成功に終わり、エイベックスのスタッフも大満足にて日本への帰路につきました。私たちは残り少ないウィーン・ライフをもう少し堪能してから帰国します。


ツヴィーベル・ローストブラーテン(これも私の好物の一つ)



雑記 : 17:51 : comments (x) : trackback (x)
パリから(2)

パリでの朝食は、私たちはホテルの外へ出かけるのを楽しんでいます。もともと私たち夫婦は日本でも朝食は洋食(パン)なので、美味しいクロワッサンがあるだけで満足しますが、普段あまりお目にかかれないものに出合うと嬉しくなります。

エリック・カイザーというパン屋での朝食は最高でした。




このジュースが素晴らしく美味しかったです!
赤いほうは「りんご+バナナ+木いちご+コケモモ」のミックスジュース。緑のほうは「りんご+きゅうり+セロリ+ほうれん草+レモン」のミックスジュースです。

パリでは、パリ音楽院で勉強中の丸山凪乃ちゃんと何度か一緒に食事もできました。



凪乃ちゃんの愛犬サシミちゃんと一緒に散歩もしました。これまで写真や動画で見ていたのでその存在はマークしていたのですが(笑)、実物に会えたのは初めてです。とても懐いてくれてかなり可愛いかったです。



エッフェル塔とSashimi

これは私の傑作の1枚(笑)




この楽譜は、ショット社からプレゼントされたシューマンのピアノ協奏曲の自筆譜のファクシミリ版です。(版はベーレンライターですが。)




貴重な資料にもなるもので是非とも日本に持って帰りたいところなのですが、ハードカバーでとても重たいので、パリ在住の凪乃ちゃんに託して帰ることにしました。それに彼女はちょうどこの曲を勉強中だったのです!
シューマンが書いた筆跡は興味深いし、後に削除された小節が最初はどうだったのかなど、この楽譜に目を通さなければ得られない情報が満載です。大切にしてもらえそうな人に預かってもらうことができて助かりました。

パリ滞在については書きたいことが山ほどありますが、またそれは別の機会にしましょう。
昨日私はウィーンに到着しました。今日の午前は、さっそくウィーン楽友協会大ホールで行われた指揮の佐渡裕さんと辻井伸行君のラヴェルのコンチェルトのパッチセッションにも立ち会わせていただきました。

演奏会は4日間連続だそうです。明日の楽友協会のコンサートは聴きに行きます。またそれについてはご報告したいと思います。

雑記 : 00:11 : comments (x) : trackback (x)
パリから

フランクフルトからパリにはTGV(高速列車)で移動したのですが、これがなかなか今回は気を揉みました。



というのは、フランスは4月から約3ヶ月にわたる(と告知されている)国鉄の大規模なストが行われている最中なので、スト日に指定された日のすべての列車が止まるわけではないのですが、当日になるまで自分が乗る列車が動くかどうかがわからないというリスクがありました。私が今回乗るような長距離の国際列車の場合は一日に限られた本数しかないので、もし当日になって動かないことがわかったら1つ前の列車(4時間も前になる可能性がある)に乗らなければいけなくなるので、予定が全部狂ってしまうわけです。それが最初からわかってはいたので、いくつかのパターンに対応できるように1ヶ月以上も前からストの状況を毎日のようにSNCF(フランスの国鉄)のサイトをチェックして見ていました(笑)。その甲斐あって、というか、結果としては自分が乗る列車はストには巻き込まれませんでした。
ただ、乗った列車は最初は順調に動いていたものの、まだドイツのマンハイム駅に着く前にポイント故障のため列車は迂回するという放送が入り、30分以上遅れるというハプニングがありました。そしてパリには夜10時頃になんとか着いたものの、その時間はたまたま土砂降り(笑)という天気で、ちょっと災難続きのような状況に見舞われましたが、まあこれが外国旅行というものです。とにかく無事にフランスに入れました。





それからもう3日も経ってしまったのですが、充実した毎日を過ごしています。
今回パリに来たのはいくつかの用事があったのですが、まあパリは自分の中では時々来ないといけない街の一つなのです。なのにずっとご無沙汰(たぶん5年以上?)していたので、今回は立ち寄りました。仕事もあると言えばあるし、まあいろんな意味で情報収集の意味もあります。

パリ郊外で行われているコンクール会場では何人もの知り合いに会えたし、パリ市内ではパリ音楽院(CNSMDP)にも入れたし、今日はエコール・ノルマルへも訪問します。それにしても、パリ音楽院に入るためのセキュリティがあれほど厳重になっているは知りませんでした。


パリ国立高等音楽院


パリ郊外でのピアノ国際コンクールの会場

また、パリでは地下鉄に乗るのも毎回緊張感はありますね。以前より厳しい感じがします。私にとっては今はモスクワの地下鉄のほうが安心感があります。

でもパリは変わらず健在です。
ロシアのピアニスト、マツーエフがエッフェル塔の前で撮った写真を「パリへ来たぞ!」と書いてFBに投稿していたという情報も友人より頂いたので、彼をエッフェル塔の近くに探しに行ったりしました。(もちろん会えるはずはありません。笑)







雑記 : 15:10 : comments (x) : trackback (x)
ショット社訪問!

一昨日ヨーロッパに入ったところです!
今回はフランクフルト空港から直接マインツのショット本社を訪問しました。昨年に続き2回目の訪問です。ヨーロッパのハブ空港と言われるフランクフルト空港から電車で25分というのは、マインツは考えてみればかなり便利な場所に位置しているとも言えますね。




さっそくショット社に到着すると、正面玄関でカプースチンを紹介しているパンフを発見!

1年前に訪問して以来、私が一緒にカプースチンの楽譜の校訂の仕事をさせていただいています。カプースチンの出版でお世話になっているロベルトさんと再会し一緒に打ち合わせをしました。やはりときどき直接に会って情報交換するのはつくづく大事だと思いました。
ショット社は、特に昨年はカプースチン80歳記念の年ということもあって、カプースチンの未出版だった作品をかなり頑張って出したということでした。もちろん今年も続けて新しい作品を出していきます。これからの半年間で8点の作品が出版されることはすでに公開されていますが、その後の予定と来年に向けてのプロジェクトについてもお聞きしました。ショットはカプースチン作品を全部出版していくという目標は変わらないようで、それもあらためて確認できました。引き続き、もちろん私も緊密にこのプロジェクトに関わっていく予定です。


ショット社内の階段ホールの飾り棚に大量のカプースチンの楽譜
ロベルトさんと

昨日はやはり話が盛り上がってロベルトさんの上司も交えて3人で一緒に食事に行きました。


ウィーンに長く住んでいたので「ウィーン風カツレツ」は今も好物です。



実は昨日はそのロベルトさんの上司ドクター・モアスさんの誕生日だったのです。私はビックリして「え~?!今日は私も誕生日なのです!!」と言うと、「えー!そうなの?!何という奇遇!(もちろんここで私たち二人は握手をする(笑) あとリゲティもだね!」という会話から始まったのだから盛り上がらないはずはないのですが、とにかく会うたびに彼らとは膨大な量の情報交換ができるので、今後は毎年一度はマインツを訪ねようと思いました。カプースチンの楽譜出版はまだ数年間は活発に続くことは間違いありませんし。昨日は、楽譜や自筆譜のお土産もまたたくさんもらってしまいました。


グーテンベルク広場を望む場所にあるレストランで気持ちが良かったです。
でも、ドイツがこんなに暑いとは考えていませんでした!真夏日でした。

雑記 : 14:31 : comments (x) : trackback (x)
辻井伸行、カプースチン…etc.

先日コンチェルトのツアーが終わったばかりの辻井君に会ってきましたが、彼はすでに休む間もなく次のレパートリーと格闘中です。でも全然「格闘」している雰囲気はなく、いつものようにリラックスして人生を楽しんでいるように見えます。これを見習わなくてはなりませんね。

昨日などは、『内緒のスケジュールですが「ロイヤル試写会」があって…』という話を直前に聞いていたのですが、「何だろう?」と思っていたら映画『羊と鋼の森』の試写会に天皇皇后両陛下もお越しになられていたとのことです。辻井君はこの映画にピアノ演奏で関わっているので、昨日のイベントにも参加し、両陛下と一緒に大きく写真に写っており、それは検索してみると確かに昨日のニュースですでに流れていました。また、辻井君は6月13日(水)にはサントリーホールでこの映画のお披露目のための特別コンサートも行なうようです。

彼は6月後半にはサンクト・ペテルブルクのゲルギエフとのオファーも来ており、急遽ロシアに行くことも決まったのですが、今回は私も本当について行きたかったのですが自分のスケジュール的にどうしても無理でとても残念なのです。エイベックスのマネージャーさんにも「だって川上さん、ロシアで辻井君がカプースチンを弾くのですよ」とは言うものの、ゲルギエフとの仕事はいつも直前で決まるので予定が立てられないのです。今回も辻井君が共演するピアノ・コンチェルトがどの曲になるかはまだ決まっていないので、彼は何曲もあるレパートリーをすべて準備しておかなくてはなりません。おそらくまた本番の数日前に曲が指定されるのでしょう。それでも、彼に対してはゲルギエフは特別に優しいようで、ロシア人アーティストに対してはもっと厳しい要求がなされることもあるそうです。(マネージャー談)

でも、ゲルギエフは遠くから眺めているだけでは誤解する人も多いようなのですが、実際に会ってみると本当に人間的でとても優しい人です。以前もどこかに書きましたが、あのマエストロの一般的な印象と実際の人間ゲルギエフとのギャップは甚だしいものがあります。私は実際申し訳ないほど面食らいました。素晴らしい人格の持ち主です。心から尊敬する人の一人です。

本当にこんな機会はあまりないと思うので、彼のコンサートに絡めて今回一緒にロシアに行きたいのですが、でもやっぱり無理かな…。また、実は同じ時期にヴァイオリンの三浦文彰さんも演奏の仕事でサンクト・ペテルブルクへ来るそうで、彼のスケジュールはエイベックスも辻井君も知らなかった(別ルートからの仕事?)ということですから、三浦君も本当に広い人脈があって世界で大活躍しているということがわかりますね。

少なくとも、辻井君が今回サンクト・ペテルブルクでカプースチンの『8つの演奏会用エチュード』Op.40全曲をリサイタルで弾くのは事実です。ひょっとしたらロシアの他の都市でも弾くかもしれません。また、8月にはフランスとドイツでもこのエチュード全曲を含むリサイタルをする予定だそうです。カプースチンを世界に広めてくれて私も嬉しいです。

話は変わって、カプースチンを愛する皆様方から待たれておりました次回の「カプースチン祭り」の企画もようやく動き出しました。来年2019年にまた開催することは決まりましたが、具体的にどの時期になるかはまだ未定です。次回は新たな奏者にもたくさん集まっていただきたいと思っています。次回カプースチン祭りに興味をお持ちの方は、ぜひご一報をいただければ嬉しいです。

雑記 : 07:40 : comments (x) : trackback (x)
辻井伸行✕三浦文彰withペトレンコ

今日はサントリーホールへ行ってきました。



最近はもう辻井伸行君の新しい国内ツアーがあるたびに必ず東京公演には訪れるようになりました。今回のツアーはヴァイオリンの三浦文彰さんと二人でそれぞれソリストを務め、ワシリー・ペトレンコ率いるリヴァプール・フィルハーモニーとコンチェルトを弾くというコンサートです。



今日の公演では辻井君はグリーグ1曲のみでしたが、Bプロでは彼が一人でラフマニノフの『パガニーニ狂詩曲』とチャイコフスキーの『第1番』の2曲のコンチェルトを弾くという、ピアニストにとってはとんでもなく大変なプログラムを抱えて全国を回っているようです。

でも1回1回心をこめて弾いているのが今日の演奏でもわかりますね。しかも昨日は大阪でそのBプロを弾いてきたばかりだというのに…。ちなみに計算してみるとBプロはその2曲で60分を超えているではないですか!まあ働き過ぎというか、ピアニストとしては常に最高レベルのモードで走っているという感じです。確か、先月末にはリヴァプールでショパンの2番も弾いているはずだし、先週はまたアシュケナージとモーツァルトの21番と26番の2曲も弾いてきているわけですから、1ヶ月弱の間に違うコンチェルトを6曲も弾きまくっているわけです。そしてこのツアーが終わるとまたすぐヨーロッパへ行くというスケジュールです。オーストリアではラヴェルのコンチェルトを弾くというからほぼ1ヶ月の間に7曲になりますね。

これを坦々とこなしていっているのはとにかくすごいことだと思います。
それから辻井君がピアノ演奏を担当している映画も近々始まりますね。すでに映画館では予告編も流れているようです。今後の大活躍を応援し続けたいと思っています。


終演後に1枚!

雑記 : 23:07 : comments (x) : trackback (x)
クルティシェフのレッスン

前の記事にも少し書きましたが、2007年のチャイコフスキー国際コンクールで第2位(1位なしの最高位)入賞者でもあるミロスラフ・クルティシェフがちょうど来日しています。先日私たちの東京音楽大学でもレッスンとミニコンサートをしてくださったのですが、昨日は大学で個人レッスンがありました。選ばれた6人の学生がレッスンを受けられたのですが、運良く私のクラスのピアノ科の学生が1人入っていました。その学生にぜひ通訳をやってほしいと強く説得され(笑)、自分のレッスン時間を調整してクルティシェフのレッスンに立ち会いました。まあこちらもそんなことでもなければ通常は仕事が詰まっているので、海外から著名人が来ていて貴重なレッスンをしていてもなかなか顔を出したりできないものなのです。

昨日は私のその生徒のレッスン時間は夕方からだったのですが、クルティシェフ先生がレッスンしていた部屋は私のレッスン室とは別棟だったので、かなり走ってわずか開始の5分前にたどり着きました(笑)。そしてドアから部屋を除くと熱いレッスンが展開されていたのですが、なぜかそれを見て私は20年前のモスクワ音楽院を思い出したのです。「なぜだろう?」と考えたのですが、実はもう夕方なのに電気をつけるのも忘れてそのままレッスンしていたからでした(笑)。薄暗~いレッスン室でクルティシェフはお構いなしに弾き続け、聴講の学生たちも黙って座ってレッスンを見学していました。ちなみに、私たちは通常どのレッスン室でも照明は朝から晩までつけています。

さて部屋の中に入ると、スクリャービンのソナタ2番をクルティシェフは情熱的に弾きながらレッスンを展開していました。少し時間をオーバーして前の人が終了し、続いて私の生徒のメトネルのピアノ・ソナタのレッスンです。私自身、クルティシェフに会ったのは初めてだったのですが、話し始めるとすぐに意気投合しました。レッスンが始まる前から少々盛り上がってしまいどうなるかと思いましたが、その後のレッスン内容はとても充実したものでした。彼は実は最初、「メトネルはもちろん知っているけれども自分は弾いたことはないので…」と謙虚な感じでしたが、「でも自分はラフマニノフはほぼ全部弾いているので」ということで(ラフマニノフとメトネルは非常に近い存在なので)自信を持ってレッスンをしてくれました。やはりこういう作品に対する音楽の感じ方は、ロシア人独特のものも少し感じました。

彼はサンクト・ペテルブルクでもう5年くらい教えているらしいのですが、メトネルを弾く人は今でもあまり周りにいないようではありました。でも、彼はレッスン中にソナタを少し弾いて見せてくれましたが、ほとんど初見で弾いているとしたら「正しい感性を持ってよくそこまで弾けるな」と感心しました。そのソナタに対する音楽的センスはなかなか説得力があり、学生にもとても勉強になったと思います。

ピアニストとしてはかなりエネルギッシュなタイプです。ラフマニノフなどを弾くと低音などすごい大きな音を出しますので、大ホールでコンチェルトなどを弾くと特に聴きごたえがあるかもしれません。彼は自身の演奏だけではなく、レッスン(マスタークラスを含む)もけっこうしているようです。ペテルブルクでは10人ほど生徒さんを持っているようですが、その10人でも多いなと感じることも時々あるとか。まあ忙しい演奏家であればそうかもしれません。

とにかく彼は本当に明るい性格で、しかもよく喋るのでとても楽しかったです。昨日は思いがけぬ良い出会いとなりました。

(気がついたら写真を撮り忘れていました。)

雑記 : 19:02 : comments (x) : trackback (x)
公開講座2回行いました

ここのところ、カプースチンに関係する仕事が多かったです。
16日宮地楽器と19日ヤマハ名古屋店でのカプースチン公開講座を終えてきました。

名古屋のヤマハの店舗は昨年リニューアルしたばかりです。
昨日のカプースチン講座は4階のグランドピアノサロンで行ないました。





8階にもホールがありますが、4階のスペースも想像していたよりもかなり広くてとても気持ち良かったです。ヤマハ名古屋店はとても大きいということを知りました。置いてあるグランドピアノの数も国内の店舗ではすごく多いほうだと思いました。
カプースチンの講座は皆さんに熱心に聴いていただけて本当に良かったです。ただ、まだまだこの作曲家についてはこれから本当の意味で知られていくのだろうなとも感じました。

同じ4階のこのフロアで2日後にミロスラフ・クルティシェフが公開レッスンをするという情報をチラシで入手。彼はちょうど来週東京音大にも来るのでお会いできるなと思っていたところでした。

昨日のヤマハ名古屋店のスタッフはとても楽しい方ばかりで、初めて会った気がしないというか(実際、池袋や銀座ヤマハなどで何度もイベントでお世話になっていた親しい方もいらした)、ずいぶん楽しい話で盛り上がってしまい、あやうく帰りの新幹線に乗り遅れるところでした。(笑)


講座では大変お世話になりありがとうございました!
(お世話になったお三方と一緒に写真を撮りたかったのだけど、タクシーに飛び乗ってから気がついた。)

カプースチン : 10:03 : comments (x) : trackback (x)
明日、カプースチン公開講座

多くのピアノ学習者や愛好家たちにカプースチンが知られるようになり、演奏や指導への需要も高まっているようです。楽譜の出版状況もだんだん整ってきているしYoutube音源等もすごく多くなってきているので、カプースチンには10年前よりずいぶんアクセスしやすくなってきたと言えるでしょう。

さっそく明日は首都圏でカプースチン公開講座が一つあります。
場所は宮地楽器小金井店のさくらホール。
情報はこちらです→https://koganeishop.miyajimusic.jp/event/201804_kapustin/

同様の公開講座の予定は、今年決定しているものだけで4~5本入っていますので以下に書いておきます。興味を持っていらっしゃる方と時期と開催場所がうまく符合すると嬉しいのですが。

2018年
♪4月16日(月)10:30~12:30 宮地楽器 小金井店
♪4月19日(木)10:30~12:30 ヤマハグランドピアノサロン名古屋
♪7月2日(月)10:30~12:30 ヤマハ岡山店
♪9月27日(木)10:00~12:00 スガナミ楽器 経堂店
♪11月29日(木)10:30~12:30 伊藤楽器 松戸店

公開講座の内容は毎回少しずつ更新して、また場所によっては扱うテーマを微妙に変えたりしています。さて明日はどんな内容になるのか…。

カプースチン : 18:38 : comments (x) : trackback (x)
新しいカプースチンCD録音終了!

昨日までの3日間、埼玉県「キラリふじみ」でカプースチンの新たなCDのための録音セッションでした!



録音最終日の昨日は、関東圏今年一番の強風が長時間にわたって吹き荒れて、録音を中断せざるを得ないというハプニングもありました。つまり、ホールのステージに設置した高性能のマイクがホールの外の風の音を拾ってしまうのです。そのため、夕方になって風が少し弱くなってから夜にかけての時間に集中して収録したので体力がギリギリでした。

それにしても、ハプニングへの対処の仕方というか、こういう際にどのように録ればダメージを最小限に抑えられるかなど、工夫を凝らせば物事というのは意外に何とか乗り越えられるのだということが分かりました。もちろん優秀なレコーディング・スタッフたちであるからこそ出てくる知恵という部分もあったと思いますが。詳しくはテクニカルな話なのでこれはまた他の機会に。

とにかく昨日までの3日間、予定していたカプースチンの大量のプログラムを弾き切って無事に終了できたのは良かったです。新曲(難曲?!)も多かったので、それらの曲を自分のものにするためには思ったより多くの時間が必要でした。

今回収録した曲はカプースチン ピアノ作品全曲シリーズVol.2になるものですが、ピアノ・ソナタ第19番を含む4作品がCD録音としては世界初になることと思います。

とにかく昨日の夜遅くまで全力疾走したのでバテ気味ですが、無事に終わって一安心です。



オクタヴィア・レコードの素晴らしいメンバーと調律の足立脩さんに心から感謝です。本当にありがとうございました!!

カプースチン : 08:59 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2018 - 08  >>
COUNTER
total:2820089
today:285
yesterday:519
    
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • ピアノがうまくなるヒント集
  • 川上 (02/14)
  • ドレミ (02/14)
  • 川上 (01/30)
  • ぱんだ (01/30)
  • 愛用の電子辞書
  • 川上 (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • ゆうや (01/24)
  • 無事に初演果たしました
  • mie (11/06)
  • 今年一番忙しい日々でした
  • 川上 (11/05)
  • K (11/04)
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOVIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX